トップページ遠隔地生科|弱者使用前提の護身術・清朝末式八卦掌を全国へ>護身術通信講座科|全国対応型の清朝末式八卦掌護身技術講座

護身術通信講座科|全国対応型の中国拳法「清朝末式八卦掌」護身技術通信講座

徹底して相手と距離を置く超現実的護身技術の通信講座で、誰もが、短期に・一人で強くなることができる

(このページは、2024年2月3日に更新しました。)

八卦掌水式門指導部です。当ページで遠隔地生科の「護身術通信講座科」の詳しい内容を説明します。

「護身術通信講座科」は、身の危険を感じ、短い時間で己を守るための技術を身につける必要のある方が、通信講座という形で中国護身術「清朝末式八卦掌」の護身技術を学ぶことができる科です。

「護身術通信講座科」では、ベースとなる清朝末式八卦掌の技術体系から、学ぶうえで以下のメリットを受けることができます。

「最短」「シンプル」ではありますが、護身術は万が一の場合に命を預ける技術。練習は当然必要となります。また、使いようによっては、人を傷つける技術ともなるため、真摯に学ぶ方を募集します。

仮入門制はありますが、遠隔地生科のもう一つの科である「清朝末式八卦掌代継門人科」と違い、愛知にて対面指導を受けることは必須ではないため、全国各地で八卦掌の技術を学習できます

「護身術通信講座科」とは?内容と特色を大まかに説明

特徴(利点)

愛知に来ることなく、成立当時のままの「八卦掌」を通信講座の形で一人で学ぶことができる点

当講座の最大の特色は、大清帝国末期に成立した当時のままの『弱者護身術拳法だった八卦掌(以下「清朝末式八卦掌」と呼ぶ)』を、通信講座という形で学ぶことができる点です。

遠隔地生科の「清朝末式八卦掌代継門人科」では、愛知にて対面指導を受ける必要がありますが、通信講座科では、愛知を訪れることなく学習を進め、修了することができます。

・・・・この特徴の、より詳しい解説

一代30数年で清末八卦掌を復活させ、極めた達人・水野のノウハウを通信講座に特化させた本格講座である点

現在国内で行われている武道・武術は、屈強な男性が、審判のいる試合で勝つための「格闘技」です。

これらの道場が唱える護身術は、その道場の、屈強な人間向け格闘技が元になっています。ゆえに、暴漢の暴力に真っ向から立ち向かう技法ばかりで、弱者には最初から無理があるのです。

武術を始めた理由から弱者護身にこだわった代表・水野は、八卦掌が本来持っていた特徴「弱者使用前提の護身武術」を、気の遠くなる時間の積み重ねで、現代に復活させました。成立当時のままの弱者使用前提護身術たる八卦掌を学ぶことができるのは、国内はおろか、世界でもほぼ八卦掌水式門だけ。

代表・水野は、昔日の八卦掌の持つ護身技術を分かりやすくし、それを日本全国で護身術を必要とする立場の弱い人に届けるため「護身術通信講座科」を開始したのです。

・・・・この特徴の、より詳しい解説

「徹底して距離(間合い)をとる護身技術」習得が目的のため、女性・子供でも、対人練習環境のない人でも習得可能

相手の攻撃射程圏内にとどまり、華麗な手わざで防御するのは、カンフー映画の世界だけです。

実戦では、刃物を持つのは違反、などというルールはありません。審判もいません。欲望達成まで、暴力は続行されます。

襲う人間というのは、体格・筋力等で勝るもの。非力な人間は、相手の攻撃射程内で、技や筋力で対抗してはいけません。

インターネットでは、「とにかく逃げろ」「大声をあげて逃げろ」という意見が見られます。しかし、ただ逃げるだけでは追いつかれるだけ。これらの情報は、身の安全を保ちながら逃げる具体的な方法を示さない無責任な情報であり、信頼する価値のない情報です。

当講座では、「徹底して距離(間合い)をとり続ける身法」と、「迫る敵に撤退しながら攻撃する身法」を説明し、一人で技術を高めるため「一人練習法」を詳しく指導します。これら技法と練習法は、動乱期の中国護身術・清朝末式八卦掌の中核技法・・練習法であるため、信頼して命を預けてよいものです。

・・・・この特徴の、より詳しい解説

本当に「身の周りの物を使って護身する」ために、90㎝棒操術を通信個別指導

護身術を説明する多くのホームページでは、「身の周りの物を使って護身する」ことを説きますが、具体的方法や技術体系はほぼ説明されていません。

当科では、清朝末式八卦掌に伝わる、刀を身体で扱う身法と具体的刀操術、かつそれらの一人練習法を、棒操術で幾度も身を守った経験のある水野が、具体的に指導します。

八卦刀術の術理を身体にインプットすると、傘・杖・竹・工事現場の進入停止バー・日傘・バスタオル・カバンなどの「身の周りの物」が身を助ける道具として生まれ変わります。

「通信講座科」での学び方

申込みフォームにて申込み。必要事項を記載してください。志望動機には真面目にお答えください。申込者様自身のYoutubeチャンネルを開設しておいてください。

申し込み受理のメールにて、希望のURLとニックネームをお答えください。

申込者専用アドレスページ上に、学習する技術動画(Youtube限定公開動画)と、通信講座科生向けの解説を掲載します。

技術動画・解説掲載から1週間、一人練習をしてください。その後、自身の動画が撮影し、非公開設定にした状態で動画をアップロードしてください。

水式門メースアドレスを閲覧可能者の箇所に掲載してください。この設定で、代表が動画を見てアドバイスをします。

アドバイスを受け、また練習を1週間程度行ってください。その後、再び動画を掲載し、一定レベルまで上達したと判断したら、次の練習課題動画を掲載します。以後、この作業を繰り返し、全履修を終えるまで行います。

カリキュラム(履修課程)

清朝末式八卦掌の、厳選された技術を、「護身」達成に焦点を当てて、編成されたカリキュラムで学習していきます。

仮入門教程

仮入門教程にて、八卦掌で護身するために根幹となる基本を学習します。併せて、学習者が常識的素養を備えているかを見させていただきます。

本教程

仮入門教程修了後、「仮入門教程修了時選考」にて、本教程履修を許可するかの判断をさせていただきます。許可後、中核技法の学習が始まります。

料金体系

月4,400円(税込)※標準学習期間は7カ月~1年程度。

最終仕上げ教程期間に入った受講生は、指導料を免除が免除されるため、講座科修了の際の月途中精算による払い戻し等は行いません。

毎月末日までに、後述の指定口座に、月謝をお支払いください(※振込代金は講座科生ご負担となります)。

護身術通信講座科生が、愛知本科・富山本科にて指導を受ける際は、その日の教授料を免除します。※事前に連絡すること。

より詳しく。「護身術通信講座科」の特徴(利点)

特徴1:愛知での対面指導を要しないため、思い立った時に、あなたの家で、成立当時のままの「八卦掌」で学ぶことができる

当科の最大の特色は、清王朝末期に成立した当時のままの技術体系たる原点八卦掌(以下「清朝末式八卦掌」と呼ぶ)を、通信講座という形で、愛知に来訪することなく、あなたの家にて学ぶことができることです。

遠隔地生科のもう一つの科「清朝末式八卦掌代継門人科」では、八卦掌第7代目を目指す科ゆえに、教程の修了ごとに、愛知本科にて対面指導を受ける必要があります(※代継門人となると、八卦掌水式門から、八卦掌第7代目代継門弟として公認されます)。

八卦掌の代継門人となりそれを公にすると、八卦掌の技法を学びたくてその人のもとを訪れる学習希望者も出てくるため、対人練習によって、人に教えるに足る技法レベルを一定ライン以上にとどめておく必要があるからです。

愛知から遠く離れた地域に在住し、かつ伝承者になることよりも護身術習得に関心のある希望者にとって、伝承者を目指す科は敷居が高い科となります。今まで複数の方の要望も参考にし、通信講座科では、全履修期間を通して愛知を訪問することなく、学習を進めることができ、かつ、修了することができるように仕組みを構成しなおしました。

通信講座という学習形態は、愛知を訪れることが経済的に厳しい学生などの学習希望者にも、護身術たる清朝末式八卦掌を学ぶことができる道を開くものです。

いじめ護身部~取り返すための技術講座や、最低限の時間で仕上げる「清朝末式八卦掌」女性護身術など、水式門ホームページ上で無料公開している護身ノウハウを学習している方にも、一歩上を目指す学習として、おすすめします。

特徴2:通信講座なれど、ほぼ一代30数年で清末頃の八卦掌を復活させ極めた達人・水野のノウハウが詰まっている本格講座

現在国内で行われている武道・武術は、屈強な男性が、審判のいる試合で勝つための「格闘技」術であるのがほとんどです。これらの格闘技の技術は大変高いのですが、弱者が強者から身を守るための技術・練習体系を持っていません。「護身術」ではないのです。

そして、国内で各格闘技道場が唱える護身術は、その道場の、屈強な人間向け格闘技術が元になっています。ゆえに、暴漢の暴力に真っ向から立ち向かう技法ばかりです。

理性のブレーキを失い、欲望達成のために人を傷つけることにためらいのなくなった暴漢(多くは、屈強な男性)の渾身の暴力を、非力な人間が真っ向から立ち向かって、防ぐことができるでしょうか?中国動乱期に護身術として認められた八卦掌(成立当時の名は「転掌・てんしょう」といった)は、そのようなことをしませんでした。

敵の目の前にとどまらない徹底した移動遊撃撤退戦身法によって、弱者に生存の道を開く、前代未聞の技術体系を打ち出したのです。

しかし、弱者護身の特徴は、創始者から次代に伝えられる頃からすでに薄れ始め、現代は、強者使用前提格闘技的武術となりました。

つまり、他の武術と同じく、近代格闘技化し、力任せの攻撃を防ぐための手段を、高度で習得困難な高級技法にて克服する「エリート武術」となったのです。弱者が学び、弱者が使うことができる武術ではなくなったのです。

代表・水野は、自身の武術を始めた理由から弱者護身に徹底的にこだわりぬきました。

例え周りが、映画や漫画の影響を受けて華麗さや若さ・筋力に頼る技法ばかりを追い求めても、例え師から教わる八卦掌が近代のそれであっても、八卦掌が本来持っていた特徴「弱者使用前提の護身武術」の特徴を追求し続けました。

そして三十数年という気の遠くなる膨大な時間の積み重ねで、ほぼ「基本技の反復」だけを頼りに悟りを開き、清朝末期頃の八卦掌を現代に復活させました。

成立当時のままの弱者使用前提護身術たる八卦掌を学ぶことができるのは、中国国内・日本国内はおろか、世界でもほぼ八卦掌水式門だけです。

代表は、昔日の八卦掌の持つ護身技術を初学者にも分かりやすく洗練させ、それを日本全国で護身術を必要とする立場の弱い人に届けたいと願い、「護身術通信講座科」を開始する決断をしました。

昔日護身術の鉄則「距離(間合い)をとる技術」と「間合いをとるため技術習得のための一人練習方法」を指導する通信講座のため、女性・子供でも、一人で習得可能

「防御=手技で防ぐ」ではなく、「防御=移動による間合い取り」を貫く通信講座

相手の攻撃射程圏内にとどまり、華麗な手技などで防御するのは、カンフー映画の世界だけです。

もしくは、相手が刃物等を持ってなく、かつ審判が居て、ノックアウトされたら試合が止められる格闘技試合だけです。

実戦では、刃物を持つのは違反、などというルールはありません。審判もいません。襲う人間は、どんな手段を使ってでも欲望を達成しようとします。その欲望を達成するまで、暴力は続行されるのです。

襲う人間というのは、体格・筋力等で勝る場合がほとんどです。そして、襲う際も、自分より屈強な人間には手を出しません。非力そうで、己の欲望を達成できそうな人間を見定め、襲うのです。

非力な人間は、そのような冷酷な人間の攻撃射程内で、技や筋力で対抗してはいけません。

相手と距離を置くことです。武術でいう「間合い」どりのことです。相手と距離を保ち続けることができれば、相手が力があろうと、技術が高かろうと、刃物を持っていようと、我が身は傷つけられません。当科は、この「距離を保つこと(間合い取り)」を、最重要技法として指導する講座となっています。

この相手と距離を保ち続けるための身法こそ、八卦掌の原点スタイルたる「後退スライド」なのです。高速で移動しながら、敵が迫りそうになったら後退スライドで転身して足を止め、逆をつき・・・を繰り返し、相手が疲れたり、距離が開いた時の急速㎞単位離脱につなげます。

ただ「逃げろ」とうたう無責任・曖昧なネット上情報と一線を画す、明確な方法に沿った「撤退戦」技法を指導する通信講座

インターネットで「女性 護身術」などのキーワードで検索すると、「とにかく逃げろ」「大声をあげて逃げろ」「女性が護身術を習うことは意味がない」などの具体性・信ぴょう性に欠ける意見が非常に多く見られます(発言者の多くは、匿名にて、護身術を批判したいだけの人間)。

ただ逃げるだけでは追いつかれるだけです。欲望を満たすために、全身全霊をもって突進してくる暴漢の、リアルな現実を考慮していません。

これらの情報は、身の安全を保ちながら逃げる具体的な方法を説かないでただ「逃げろ」と叫んでいるだけの無責任な情報であり、信頼にするに足らない価値のないものです。

当講座では、上記の『徹底して距離(間合い)をとり続ける身法「後退スライド」』と、『迫る敵に後退スライドで勢いを落とさないで攻撃する身法「撤退戦」』技法を指導します。

清朝末式八卦掌には、2つの後退スライド身法と複数の撤退戦技法が伝わっていますが、当科では、2つの後退スライド身法と、2つのシンプルな撤退戦技法を明確に指導します。

これら技法は全て、太平天国の乱で国内が乱れた動乱期の中国護身術・清朝末式八卦掌の命がけの中核技法であり、信頼に足る技術です。

「間合いをとる対敵技術=対人練習より一人練習メインで習得する技術=一人練習で強くなることが可能」。その一人練習法を、しっかりと指導。

間合いを取ることは、敵の力や技術と張り合わないことを意味します。

敵と接触しなければ、相手がいくら力があろうと、手技攻防技術が高かろうと、我と相手との間に距離があるため、技術も力も伝わってきません。相手と接触さえしなければ、敵の筋力や体格の優位を克服するための螺旋や崩しの高級技法の練習が必要でなくなります。

相手と積極的に打ち合う戦闘スタイルならば、練習時から人を相手にして技法の練習を繰り返す必要があります。ここが、遠隔地で一人で練習するしかない人間が強くなることが難しい理由です。

清朝末式八卦掌の後退スライド撤退戦の技法習得は、メインは一人練習です。一人で、当科で指導する身法を、徹底的に繰り返し、いざという時に無意識に身体が動き、距離を保ち続けることができる状態を目指します。

無意識に身体が動くようになるまでには、一定の繰り返し練習が必要となります。しかし、一人で練習するため、どこに行く必要も、誰にも遠慮する必要もありません。練習時間を合わせたりする必要もありません。自分の好きな時、好きなだけ練習ができます。

当科を利用すれば、練習方法の修正も、動作の修正も代表・水野が行います。安心して繰り返し練習で実力をつけてください。

本当に「身の周りの物を使って護身する」ために、水野が90㎝程度の棒操術を通信個別指導

護身術を説明する多くのホームページでは、「身の周りの物を使って護身する」ことを説きますが、具体的方法や技術体系はほぼ説明されていません。

私自身、代表に武器術を長年にわたり教わってきましたが、「知ってるだけでは使えない」ということを痛感しています。武器も素手技術と同じく、一定数の繰り返しを行って無意識に操ることができるくらいにまでならないと、使いこなすことができないのです。

身の周りの物を使って護身するには、片手で振り回す技術と、両手で振り回す技術をまず習得することです。両手で振り回す技術は、片手で振り回す技術の応用となるので、水式門ではまず、90センチ程度の棒を使って、八卦刀術の主要動作を学習するのです。

※当講座では、槍(棍)術は、初学者が一人で取り組みはじめるには難しいため、カリキュラムに入っておりません。

このように当科では、清朝末式八卦掌の弱者護身・生存のための武器操法につながる身法と刀術(棒操術)、それらの一人練習法を具体的に指導します。

清朝末式八卦掌は太平天国の乱当時の盾装備刀歩兵の戦場刀術がルーツです。棒操術は、戦場刀術から生まれた八卦刀術を学習することによって理解していきます。

当科では、水野が、保安職での実経験や組手の中で実践し、「これなら」として厳選した、初学者でも学習しやすい刀術・槍術の主要技法を、棒を使って一人で練習することができるノウハウとして伝えます。

より詳しく。「護身術通信講座科」の学び方

手順1:申込み~「申請時選考」の実施

専用申込みフォームにて申込みを行ってください。必要事項を記載してください。必要記載事項、特に「志望動機」には誠実・真摯にお答えください。

※志望動機の内容について、動機が公序良俗に反するものでない限り、選考結果には影響を与えません。ありのままをお答えください。

※選考結果につき、クレーム等は一切受け付けておりませんのでご了承ください。

手順2:「申請時選考」の結果メールの送信

申請時選考の結果をメールにてお伝えします。選考を通過し、仮入門教程に進む方には、希望のURL(ユーザー名)とニックネームをお尋ねします。

ご希望のものを用意し、お答えください。

手順3:youtubeチャンネルの開設

申込者様自身のYoutubeチャンネルを開設しておいてください。

※チャンネル開設作業には、グーグルアカントの取得と、Gメールの取得のうえに、youtubeに自身のチャンネルを持つ必要があります。各自用意しておいてください。

手順4:受講生専用アドレスに、課題技術と解説を掲載

受講生専用アドレスに、受講生に学んでもらう課題技術と解説を掲載します。

解説については、他の受講生と必ずしも同じ内容ではありません。受講生の進捗状況や技術レベルに合わせ、水野が解説をしております。

※課題動画は、Youtube限定公開動画となっており、水式門に著作権の存する動画となるため、無断で他の場所に掲載することはおやめください(無断流用・転載に対しては厳正な対応を致します)。

手順5:各自で練習後、練習後動画を非公開設定でyoutubeにアップ

技術動画・解説掲載から1週間、一人練習をしてください。その後、自身の動画が撮影し、必ず非公開設定にした状態で動画をアップロードし、アップロードを専用フォームにてお知らせください。

非公開設定の際には、その動画を特別に閲覧できる者のGメールアドレスを記載する欄があります。そこに八卦掌水式門の「shiroikukmoajisai@gmail.com」を貼りつけておいてください。

八卦掌水式門の「shiroikukmoajisai@gmail.com」を非公開設定動画の閲覧許可者として登録すると、水式門指導部が閲覧し、当動画に対するアドバイスを行うことができます。

コメント欄に、アドバイスのコメントをしますので、参考にして1週間程度の一人練習を行ってください。その後、再び非公開動画をアップし、お知らせください。

一定レベルまで上達したと判断したら、次の練習課題動画と解説を、専用アドレスに掲載します。以後、この作業を繰り返し、全履修を終えるまで行います。

より詳しく。「護身術通信講座科」カリキュラム(履修課程)

清朝末式八卦掌の、厳選された技術を、「護身」達成に焦点を当てて、編成されたカリキュラムで学習していきます。

仮入門教程における学習内容

仮入門教程にて、八卦掌で護身を実現するするための根幹となる基本を学習します。併せて、学習者が常識的素養を備えているかを見させていただきます。

  • 基本功「回肩功・伸肩功・肩回し功・左右螺旋功」
  • 推磨式基本功(劈・推・拍・平穿・撩陰)
  • 穿掌の打ち方の基本
  • 基本歩法(扣歩・擺歩・退歩の連動練習)

基本功「回肩功・伸肩功・肩回し功・左右螺旋功」

腕をスッと伸ばす。瞬間的に腕を上げ、その下をくぐり、打ち込み方向を変えて、流れの中で打つ。敵にけん制実打の攻撃をする際、常に肩を入れて打つ・・・・。これらの、目立たないが、八卦掌の止まらない攻防を陰で支える重要基本を、ここでしっかりと学びます。

単調な練習だと思うのは、最初だけ。上達すればするほど、ここで取り組んだことが重要なことであったと気づきます。

時の経つにつれて技術が総合的に上がると、これらの基本功に多くの時間を割くこともなくなります(他の単式練習で、ついでに練習ができてしまうため)。

最初はそれらの単式練習をしても、基本功で焦点を当てている重要身法に意識が回らないため、八卦掌修行スタート時は、「基本功」として他の練習と別にして練習をしていきます。

推磨式基本功(劈・推・拍・平穿・撩陰)

推磨式基本功は、翻身旋法(ほんしんせんぽう)という、後退スライドのキレを養う大変重要な身法を、5つの手技で練習する基本功です。

移動遊撃戦と採る八卦掌なれど、初学時に移動しながら股関節の使い方を理解するのは少し難しいため、ここで両足を固定した状態で安定した姿勢の中で、予習がてら練習します。

5つの手技は、「推(すい)」・「劈(へき)」「拍(はく)」・「平穿(へいせん)」・「撩陰(りょういん)」となります。特に重要なのが、推と拍です。八卦掌の中核技法たる後退スライドでは、敵に背を向けない後退スライドで「推」を、敵に一瞬背を向ける後退スライドで「拍」を用いるからです。

後退スライドは、当然、動きながら行います。しかしここでは、足を肩幅くらいにして立ち、翻身旋法を用いて後ろを向きながら推・拍を打つ練習を数多く行っていきます。

穿掌の打ち方の基本

伸肩功の延長線上にある練習であり、伸肩功をより実戦イメージに近付けて行う練習です。

打つ時に「肩を入れて打つ」という、目立たないが移動遊撃戦で欠かすことができない重要スキルを、ここではじめて学んでいきます。

直線上でもいいので、歩きながら練習してみましょう。歩きながら打つことの難しさを実感できるはずです。

基本歩法(扣歩・擺歩・退歩と、当3歩法の連動練習)

近代格闘技化した八卦掌では、変則ステップ戦を支える大変重要な練習となります。

水式門が伝承する、移動遊撃戦を採る清朝末期八卦掌でも、扣歩(こうほ)・擺歩(はいほ)・退歩(たいほ)は、中核技法「後退スライド」の最小構成単位であるため、欠かすことができません。

近代スタイル八卦掌では、当3歩法の連動をもって変則ステップ戦を展開しますが、昔日スタイル八卦掌では、常に「小擺歩→小扣歩→大擺歩→大扣歩」にて「後退スライド」を実行するため、物質の根幹を支える分子のような位置づけとなっています。

本教程における学習内容

仮入門教程修了後、「仮入門教程修了時選考」にて、本教程履修を許可するかの判断をさせていただきます。許可後、中核技法の学習が始まります。

  • 基本姿勢走圏(基本姿勢・構え方・歩き方)
  • 対敵イメージ走圏
  • 敵に背を向けない後退スライド対敵身法
  • 敵に一瞬背を向ける後退スライド対敵身法
  • 清朝末式八卦刀法1・八卦掌原型・単換刀
  • 清朝末式八卦刀法2・按刀
  • 清朝末式八卦刀法3・陰陽上斬刀

基本姿勢走圏(基本姿勢・構え方・歩き方)

ニュートラルな「基本姿勢」を維持し、あらゆる局面に備える
この動画には音声解説があります

「後退スライド」「撤退戦」を最も出しやすい姿勢として考え出したのが、「基本姿勢」となります。

もっと具体的に言いますと、敵に追いかけられた時、敵に言い寄られた時、言い寄られながら追われている時に、とる姿勢となります。水式門本科では、多人数相手に旋回しながら回避行動する際に最も多用しています。

手は自然に下げ、各身体箇所に過度の力を入れないように意識します。全体的にリラックスします。リラックスの目安として、移動する際、手が移動の振動で揺れるくらいを目安にしてください。

胸をくぼませ、広背筋周辺がアーチ状に左右に広がる状態を作るなどの、いくつかの姿勢要求があります。それらは、移動遊撃戦という体力を使う戦いで、スタミナを温存し、かつ、突然手を出すことができる状態のなかで、突然攻撃し、けん制するためです。

移動遊撃戦は、敵が一人の場合であっても行います。よって、水式門護身術を習うならば、基本姿勢走圏は、指導者の元で習いたい技術となります。

「構え」ないことで、居着かず移動し続け、生存を目指す

当講座で指導する護身術に、特定の構えはありません。「姿勢をとる=身体ごとその場所に居着く=素早く動くことができなくなる」からです。

清朝末式八卦掌は、徹底して「生存」を目指します。よって、とにかく移動し続けるのです。「移動=防御」なのです。よって、特定の場所に立って特定の姿勢をとることがないのです。維持するのは、上記の「基本姿勢」のみ。基本姿勢であるため、両手は当然、下に下げられていますね。

よって、あえて言うならば、基本姿勢こそが、目に見える「構え」となるでしょう。当講座では、移動時の手を下げた状態から、迫る敵をやり過ごす技術を指導します。

悪路での安定性と、不意の危機にも転じることができる歩き方(ショウ泥歩)を徹底指導
この動画には音声解説があります

歩き方は、八卦掌独特の歩き方「ショウ泥歩(しょうでいほ)」を指導します。

有名サッカー選手、多人数想定練習を行う時の実戦合気道家なども、似た歩き方で、機敏さを確保しています。

ショウ泥歩は、高速移動の速度を落とさないで急速転身を可能とする、命綱的技術。当科では、「ショウ泥歩無くして護身なし。ショウ泥歩なくして清朝末式八卦掌なし。」ととらえ、詳しく指導します。

ショウ泥歩をマスターすることで、悪路や凍結路面でも、機動力の低下を最小限に抑えることもできます。どこで護身技術が必要となるか分からない実戦における全環境型の移動法を当科で習得することは、身を守るうえで大きな自信となるでしょう。

対敵イメージ走圏

この動画には音声解説があります

護衛護身武術の清朝末式八卦掌では、必ず走圏練習を行う際、前を見て歩きます。

そして、視界に入ってくる敵のみ対応します。視界に入ってない敵に自分の攻撃は当たらず、かつ視界に入ってない敵の攻撃も自分に当たらないからです。

前を向き移動することで、速い移動速度を確保できます。

「後方から来た敵に気づかないのでは?」という疑問について。清朝末式八卦掌では、常に勢いを保って前方向へと進み続ける護身拳法です。つまり後方から迫って攻撃しようとする敵の攻撃は、勢いが落ちない限り当たらないから、顧みる必要がないのです。

「移動=防御」と提唱してはばからない八卦掌水式門の武術を体感してください。

後退スライド対敵身法~基本型で学ぶ両後退スライドで、「倒す」よりも「捕まらない」を目座す

敵に背を向けない後退スライドと、敵に一瞬背を向ける後退スライド。このふたつを理解し、実行できれば、実戦で敵を倒せなくとも、倒されることはなくなります。

両後退スライドの中で行うことができる攻撃とは、撤退戦のみ。下がりながら攻撃する以上、敵が前に出てこない限り、こちらの攻撃は当たらないのです。

しかし護身術は、敵を倒す技術ではありません。護身術とは身を守り、生存を果たす技術なのです。倒すためには、こちらも敵に向かっていき、攻撃を加える必要があります。しかし前に出ることは、敵の攻撃にさらされることを意味するため、当科では、後退スライドに伴う「撤退戦」のみを攻撃としているのです。

清朝末式八卦刀法~八卦刀術に触れ、棒操術の術理を理解することで、身の周りの物を使いこなす

太平天国の乱当時の戦場刀術がルーツの八卦掌。刀術を理解することで、八卦掌の持つ身体操作法を理解でき、練習で行き詰った際も大変役立ちます(代表は、刀術のことを「刀術先生」と呼んで、刀術の練習に多くの時間を費やしている)。

当科では、八卦掌の原型・出発点となった「単換刀」と、清朝末式八卦刀法の2大基本たる「按刀」・「陰陽上斬刀」を指導。この3つを正しい練習方法にて取り組むならば、移動遊撃戦を一層理解できます。

より詳しく。「護身術通信講座科」料金体系

月4,400円(税込)の月謝制※標準学習期間は7カ月~1年程度を考えておいて下さい。

最終仕上げ教程期間たる、八卦刀術棒操法「陰陽上斬刀」教程に入った受講生は、指導料が免除されます。

※これにより「護身術通信講座科」最終月における、月途中修了時の精算作業は行いませんので、あらかじめご了承ください。

毎月末日までに、以下の指定口座に、月謝をお支払いください(※振込代金は講座科生ご負担となります)。

※支払いが確認できない場合は、毎月10日にお伺いメールをします。それでも支払いがない場合、もしくはお伺いメールに返信がない場合は、掲載ページを削除します。

護身術通信講座科生が、愛知本科・富山本科にて指導を受ける際は、その日の教授料を免除しますので、必ず事前に連絡をしてください。

【講習会代金 振込先情報】

銀行名  :三菱UFJ銀行

支店名  :知立(ちりゅう)支店 店番号 412

預金種別 :普通口座

口座番号 :1213489

口座名義人:ミズノ ヨシト

弱者生存の護衛護身武術を極めたい方へ~清王朝末期頃のままの八卦掌「清朝末式八卦掌」を国内で唯一伝える水野先生の道場「八卦掌水式門」入門方法

1.弱者生存第一の「単換掌の術理」に貫かれた成立当初(清王朝末期頃)のままの八卦掌を国内で唯一追求し指導する、稀代の八卦掌家

八卦掌水式門代表・水野の写真
八卦掌水式門代表・水野義人先生

八卦掌水式門で八卦掌第7代を掌継させていただいた遠隔地門下生のsと申します(先生の指示で仮称とさせていただきます)。掌継門人の一人として、八卦掌水式門の紹介をしたいと思います。

石川県・遠隔地門下生

八卦掌水式門は、成立当初(清王朝末期頃)の「単換掌の術理(単換掌理)」に貫かれた「生存第一」の八卦掌・清朝末式八卦掌を指導する、国内で唯一の八卦掌伝統門です。

八卦掌第6代の水野先生の伝える八卦掌は、敵前変化攻防の近代スタイル八卦掌が主流となっている現代において、対多人数移動遊撃戦による弱者使用前提撤退戦を貫いた極めて異色の存在となっています。

先生の伝える八卦掌の最大の特徴は、やっぱり、「単換掌の術理(水式門で先生は、「単換掌理・たんかんしょうり」と略して指導しています)」に徹している点。

「単換掌理」とは、敵と接触を極力さけ、敵の力とぶつからない方向へ移動しながら対敵対応をする「相手次第」を排し、「自分次第」にシフトした術理です。

間合いを取り、逃げることを正当な戦法とし、力がぶつからないため、女性やお子さん・お年を召した方にとって最も現実的な護身術となっています(※よって水式門では、私を含め、女性の修了者さんが多いです)。

単換掌理を理解するには、修行の初期段階に、掌理に熟練した指導者による対面での練習を通して対敵イメージをしっかりと構築することが必要不可欠、だと先生は言います。

「単換掌理系の技は、対人走圏で養った移動による間合い取りと、敵の引きつけ引き込み技術、転身技術とで実行する技。現実的で明確な敵のイメージを持って練習しないと、実戦でとまどうことになる」は先生の口癖ですね。

相手の侵入してくる角度や強度、そして敵動作に対する自分の身体の使い方を、先生の技を受け、または先生に試し打ち(!)をしながら自ら身体を動かして学んでいく必要があります。それは初心者には果たせない役割。水式門では、先生がいつも相手をしてくれるし、新しい技を始動するとき、使い方もしっかりと見せてくれるから、一人の練習の時でも、イメージが残るんです。

よって最初から全く一人で行うことは、リアルな敵のイメージが分からない点から、大変難しいものとなります。この問題は、私がこの場で、先生の指導を受けたほうがといいと強くすすめる理由となっています。

私も遠隔地門下生。先生が富山に来たときは、集中的に相手になってもらいました。石川県という遠くであっても、先生の教え方のおかげで、ブレずにここまで来ることができました。

単換掌の術理に基づいた弱者生存第一の八卦掌を指導する八卦掌の教室は、日本国内では水式門だけです(それか、公にしていません)。

弱者使用前提がゆえの現実的方法で自分を守る武術に興味がある方。力任せの攻撃にも負けない護身術や八卦掌を極めたいと思う方は、水式門の扉を叩いてください。水式門なら確実に、弱者が生き残るための技術を学ぶことができます

2.八卦掌水式門は、仮入門制の有る純然たる「伝統門」道場

八卦掌水式門代表・水野の写真
八卦掌水式門代表・水野義人先生

八卦掌水式門は、代表である水野先生が、八卦掌第5代(梁派八卦掌第4代伝人)である師より指導許可を受けて門を開いた、純然たる「伝統門」です。それゆえ、入門資格を満たしているかを判断する仮入門制(仮入門期間中の人柄・態度を見て本入門を判断する制度)を、入門希望者すべての方に例外なく適用しています。もちろん私も仮入門期間を経て本入門しました。

水野先生が指導する八卦掌は、護身術であれど、一部に当然殺傷技法が伝えられ、昔の中国拳法と同じく実戦色が強い八卦掌。誰それ構わず指導することはいたしません。

特に先生は、拳法を始めた動機も真剣。他者への思いやりに欠ける人間に伝えてしまい、それで人が傷つけられてしまう事態を招くことを、心から心配しています。

よって、以下で掲げてある「入門資格」を満たした人間だと判断した場合にのみ、先生は本入門を認め、受け継いだ技法をお伝えしています。「八卦掌の伝統門として、門が負うべき当然の義務と配慮」。これも先生が常に話す口癖ですね。

水式門には『弱者生存の理で貫かれた護衛護身術「八卦掌」を日本全国各所に広め、誰もが、大切な人・自分を守る技術を学ぶことができる環境を創る』という揺るぎない理念があります。

先ほども触れたように、他者への思いやりに欠ける人間に伝えてしまうことは、技法が濫用され第三者が傷つく事態を招き、理念実現に真っ向から反する結果を生んでしまいます。

水野先生は、門入口を無条件に開放して指導し門を大きくすることより、たとえ仮入門制を設けて応募を敬遠されたとしても、他者への思いやりに欠ける人間に伝えてしまう事態を避けることを重視しています。

ここまで書くと、なかなか入ることのできない難しい道場だと思うかもしれませんが、そんなことはありません。仮入門制はありますが、一般的な常識と礼節、思いやりがあれば、心配する必要は全くありません

指導を受けてみれば分かるのですが、先生はいつも、門下生のことを考え、熱心に指導してくれ、怒鳴ったりもなく、笑顔です。安心してください(無礼な態度や乱暴なふるまいには、ベテラン・初心者関係なく厳しいですが)。

仮入門期間を経て本入門となった正式門下生には、「誰もが大切な人、自分を守ることができる清朝末式八卦掌」の全てを、丁寧に、熱心に、真剣に教えてくれます

迷ってるあなた。水式門には、積み重ねるならば、弱者と言われる者でも高みに達することができるシンプルで明快な技術体系があります。先生の温かく熱心な指導で、「守る」強さを手にしてみませんか。

3.入門手続き

八卦掌水式門の正式門下生となるためには、個別指導科における近代八卦掌コースを除いたすべての科において、仮入門期間(体験入門日から一カ月経過もしくは体験入門を含めた3回の練習参加)を経る必要があります(指導内容が他人を傷つける技術を含むため)。この期間を経過した後、入門を希望する方は、以下の手続きに従い、入門申請をしてください。

手順1 申込フォーム記載申請と体験入門参加

各科とも以下の問い合わせフォームに必要事項を記載のうえ体験入門を申請する。

手順2 本入門希望者は、「本入門申請フォーム」より、本入門申請をする

体験入門を含めた仮入門期間経過後、本入門を希望する方は、各科共通の 本入門申請フォーム より、本入門申請をしてください。本入門を認めるかどうかの判断をさせていただきます。

「入門資格・入門時誓約事項・入門時特記事項」については、こちら にて必ず目を通し、理解したうえで本入門申請をすること。

「入門資格・入門時誓約事項・入門時特記事項」

本入門申請意思受領後、本入門審査を経て、結果のメールを送信します。本入門許可者には、入門案内のメ―ルを送信しますので、メール文中に記載されている弊門指定の銀行口座に初月指導料を振り込んでください。

※入門許可メール送信後、送信日を含めて14日以内に入金がない場合は、入門の意思がなくなったと判断し、申請はなかったものとさせていただきます。

※本入門が許可されなかった場合についてのクレーム・理由開示要求には、例外なく対応いたしませんのでご了承ください。

手順3 「入門誓約書」のダウンロード

下のリンクにて「入門誓約書」をダウンロードし、内容を確認。誓約書の内容に同意するならば、同書類を印刷し、必要事項を記載の上、本入門後の初回練習時に持参する。

「入門誓約書」のダウンロード

※ダウンロードができない方は、shiroikukmoajisai@gmail.com 宛にご連絡ください。

手順4 練習会に初参加

上記「入門誓約書」を持参の上、グーグルカレンダー記載の希望各科の練習会に参加する。

※「入門誓約書」を必ず持参すること。持参し忘れ2回目の者には例外なく指導しない。ダウンロードができなかった理由で持参出来なかった者は、必ずそのむねを告げること。

※カレンダーが、参加する科のカレンダーであるかどうかを、しっかりと確認すること。

※各科とも、参加希望日の前日の24時までに、に、参加メール「例文:○○です。○○日参加します」とメールを入れること(場所変更の可能性があるため)。

八卦掌水式門富山本科イメージ