トップページ八卦掌の理論解説:八卦掌三十六歌(三十六歌訣)>八卦掌三十六歌(三十六歌訣):歌五

八卦掌三十六歌(三十六歌訣):歌五

「八卦掌三十六歌(三十六歌訣):歌五」の和訳

步即转兮手亦随、后掌穿出前掌回。

步(bù) 即(jí) 转(zhuǎn) 兮(xī) 手(shǒu) 亦(yì) 随(suí) 后(hòu) 掌(zhǎng) 穿(chuān) 出(chū) 前(qián) 掌(zhǎng) 回(huí) 。

八卦掌の手技は、先に転じている歩法の動きにしたがうものである。後ろに控えている掌(穿掌の場合は、穿出した手の肘の下にそえられている掌)を穿で穿出すると同時に先に出している穿掌を引く。

去来来去无二致、要如弩箭离弦飞。

去(qù) 来(lái) 来(lái) 去(qù) 无(wú) 二(èr) 致(zhì) 要(yào) 如(rú) 弩(nǔ) 箭(jiàn) 离(lí) 弦(xián) 飞(fēi) 。

引くと出す、出すと引くは同時に行われ、それは2つの段階なく一気に行われるものである。ちょうど矢が弩弓の弦から放たれて飛んでいく際一気に素早く止まることなく飛んでいくかのごとくに。

「八卦掌三十六歌(三十六歌訣):歌五」の解説

歌五は、穿掌を打つ際に守る動作要求について言及していると考えられます。

歩法の移動に追随して手技は出され、後につづく穿掌を出す際は、必ず前にすでに出している穿掌を、後発穿掌の穿出と同時に引け、と言っています。

この要求を理解するために、最もわかりやすい練習が、単繰手の「進歩穿掌」でしょう。進歩穿掌では、始動時の姿勢から前足を一歩踏みだし、後ろ足を前足を通り越して前に大きく出す際に、同時に後発穿掌を穿出します。

前穿と引く動作と、後穿を出す動作は、2ステップで行われるのではなく、1ステップで行われるように、と諭しています。

中国の古代から近世の戦争で使用された弩を例に、後発穿掌を打ち出す際の勢いとその過程が例えられています。弩を発する際は、目いっぱいため込まれた勢いが、放つことによって弦から一気に離れ飛んでいきます。歌五では、その時の一気直進の勢いが求められていると推察できます。

参考文献

「老八掌」  人民体育出版社 李子鳴 著 

「八卦掌汇宗」 人民体育出版社 李子鳴 著 

「正伝実戦八卦掌」 ベースボールマガジン社 佐藤金兵衛 著 

「馬派八卦掌」 天虹印刷有限公司 滁行健 著