トップページ八卦掌の理論解説:八卦掌三十六歌(三十六歌訣)>八卦掌三十六歌(三十六歌訣):歌一

八卦掌三十六歌(三十六歌訣):歌一

八卦掌三十六歌:歌一は、八卦掌を鍛錬するうえでの最も基本的で最も重要な身体的要求である。この要求は、走圏の要領も兼ねる。

八卦掌の上達を志す者は、歌一に示される身体上の要求を、走圏において意識して徹底的に反復練習し、身体に染み込ませる必要がある。それが上達の最も早い道である。

「八卦掌三十六歌(三十六歌訣):歌一」の和訳

空胸拔顶下塌腰,扭步合膝抓地牢。

Kōng xiōng bá dǐng xià tā yāo, niǔ bù gé xī zhuā dì láo.

胸前は空にし頭を引き上げ腰を下げくぼませ、歩みを転じるときは膝を合わせ地面をしっかりとつかむ。

沉肩坠肘伸前掌,二目须冲虎口瞧。

Chén jiān zhuì zhǒu shēn qián zhǎng, èr mù xū chōng hǔ kǒu qiáo.

肩を落とし、肘を落とし前の手の掌を伸ばし、両目は虎口を通して見る必要がある。

「八卦掌三十六歌(三十六歌訣):歌一」の解説

空胸

 歌一では「空胸」と書かれているが、程派・尹派を含む他門派の中国拳法の理論書の中には、「涵胸:hanxiong」(含胸)と書かれている場合がある(むしろこの記述の方が多い)。

 胸の前には、当然のことながら何かあるわけではないが、八卦掌においては、基本姿勢において「空胸」の姿勢を求めている。

 「空胸」の姿勢は、まず下搨掌によって学ぶのが一般的である。昔の修行においては、この下搨掌のみを数年練習するものであった。空胸を学ぶには、下搨掌を通して学んだ方が定式八掌中の他の姿勢で学ぶよりも分かりやすく、かつ初学者にも負担が少ないからである。しかし初学のうちは、下搨掌で空胸の姿勢を維持することも至難の業である。

 「空胸」の姿勢を作るための要訣として、多くの門派においては「涵胸拔背:hanxiongbabei」(含胸抜背)を説く。李子鳴先生は、「拔背」を「緊背」と表現して空胸の状態を説明なされた。【「老八掌」p38:李子鳴著】

 「緊背」を見るに、背中を緊張させる、背中に力を込める、というようなイメージが湧く。しかしここでは、腕・手首とねじっていき、胸の前で指先を互い合わせにして、指先に力を入れて反り返るくらい目いっぱい伸ばす、という走圏における要求を実現するために、背中を左右に広げることを、「緊背」と表現する。背中を左右に広げると、背中が張って充実する。その充実した状態を「緊背」と表現したのである。

 具体的に言うと、背中を起点にして胸の前で両腕を内側にねじって両手の指先を互いに向き合わせる姿勢要求を実現するために、背中を左右に広げ、背中→腕と内にねじり、最後に両手を向き合わせる。その姿勢における背中の丸く張った状態が、そうでない状態に比して意識の通った充実した状態(実の状態)であるため、「緊背」という説明がなされた、ということだ。

 「含胸抜背」は、内家拳(形意拳・太極拳など)においては、最も重視される姿勢である。それは八卦掌でも同じことである。それゆえ、修行の一番初めから学び、生涯の修行においてずっと取り組み続ける。著名な八卦掌家は、そのほとんどが「空胸」を得るための代表的練習たる「走圏」をことのほか重視している。

坺顶

「坺顶」することの利点

 「坺顶」は、多くの他の拳法(特に内家拳と呼ばれている部類の拳法)で登場する身体的要求である。

 梁派八卦掌第三代伝人・故李子鳴先生は、著書「老八掌」の中で「拔顶」することによって得られるものを複数挙げている。以下に記す。

  • 活力を奮い起こすことができる
  • 生き生きとした顔色を保つことができる
  • 両目眼光の切っ先を四方に放射させることができる
  • 体つきもしっかりとまっすぐに保つことができる

八卦掌をはじめとする内家拳の修行者は、頭部をまっすぐにして身体を適正に保つことをする必要がある。八卦掌独特の遊撃戦を支える回転しながらの移動動作は、この「坺顶」なくしてすることができない。

「坺顶」はどのようにしたらできるか

 「坺顶」をするための要訣は「虚領頂勁」である。「虚領頂勁」は「頭懸」(頭を吊るす)とも呼ばれる。

 「虚領頂勁」とは、頸部をリラックスして虚にし頭部に気力を見たし実にすること、である。わかりやすい言い換えをすれば、あごを引き、頭頂部から何か紐で引っ張られ、頭を吊るしているような意識を持つことである。

 これもまた、下搨掌で行う走圏において重点的に練習するものである。

下搨腰

「下搨腰」とは、腰を下方向へしずめることである。

鶏腿の形をとり、その上に腰をおく。イメージとして、やや足の長い椅子(食堂のカウンター席にあるような立ちの高い椅子)に腰を下ろすイメージである。

実際に立ちの高い椅子に座ってみて欲しいのだが、立ちの高い椅子に腰を下ろす際は、腰の力が緩まる。その緩んだ感覚で立つ。