トップページ対多人数想定の遊撃戦武術「八卦掌」の実戦的戦い方>生存のための急速移動防御・奇襲を実現する清末八卦掌発勁法

生存のための急速移動防御・奇襲を実現する「清朝末式八卦掌」発勁(発力)法

「生存第一」清朝末式八卦掌で、命を守るための移動防御と電撃奇襲に使う切り札技法

(このページは、2024年4月28日に更新しました。)

発力イメージ

清朝末期成立当時のままの原初八卦掌(以下「清朝末式八卦掌」と呼ぶ)は多人数相手に徹底した移動遊撃戦を貫いて戦う武術のため、身体操作方法と敵への力の伝え方たる発勁(以下水式門の呼称による「発力」と呼ぶ)に独自の方法が見られる。

時に身体移動操作に用い、時に身体移動の推進力を末端部に載せぶつける電撃奇襲攻撃に用いる。この技術を「発力(はつりょく)」といい、「遊歩発力(ゆうほはつりょく)」・「扣擺発力(こうはいはつりょく)」・「翻身発力(ほんしんはつりょく)」の3種類に分類される。

そしてこの3つの発力方法は、遊撃戦時の八卦掌の3大身法(斜進翻身法・外転翻身法・内転翻身法)を支えるなど、密接に結びついている。

しかし忘れてはならないのは、清朝末式八卦掌における移動は、「翻身旋理」と「刀裏背走理」によって洗練された、斜め後方スライド撤退戦の対敵身法と前敵スライド回避対敵身法によって、その精度が保たれるのである。

両対敵身法を地道に練ることによって技術が上がって、そののち急速行動が必要な時、「自然と」発力がなされるのである。しかし、発力として意識しておくことは、大変有意義であるため、ここで発力の視点から解説をする。

このページでは、各発力において、急速移動防御と、電撃奇襲攻撃のふたつの役割の側面から解説をしていきたい。

門下生専用ページ入口のバナー

遊撃戦時の身体を支え、敵に力を伝える清朝末式八卦掌3発力

清朝末式八卦掌には3つの「発力(はつりょく)」方法がある

この動画には解説音声が入ります

「発力」とは、「発力身法を用いて敵に力を効率よく伝えること」。そして「遊撃戦の渦中において我の身体を発力身法でコントロールすること」のふたつだと考えて欲しい。

遊撃戦の八卦掌技法は、3つの身法と3つの発力方法で身体をコントロールして繰り出す。八卦掌水式門(以下「水式門」)の本科・女性護身術科・通信講座部などでは、対多人数相手に八卦掌独特の遊撃戦戦法で対抗する際の、以下の3つの主要発力を指導している。

  • 遊歩発力(ゆうほはつりょく)
  • 扣擺発力(こうはいはつりょく)
  • 翻身発力(ほんしんはつりょく)

これらの発力は、3身法(斜進・外転・内転の各身法)と密接に関連しあっているため、弊門各科で繰り返し説明・指導している。

しかし冒頭でも触れたが、対敵身法を洗練させるためには、発力を練るよりも「翻身旋理」と「刀裏背走理」を練ることが先決である。発力は、戦闘時急速行動が必要な際、急激に力を発することでその存在が実感できる、にとどまるものであり、あくまで補助的な行動意識なのである。

世間一般の「発勁」と同義ではないため、「発力」として指導する

水式門では、恐らく中国拳法を学ぶ者なら誰でも知っている「発勁(はっけい)」という言葉を使用せず、「発力」として指導し続けている。

水式門代表・水野が、他門派の正規・非正規を含めた履修課程で「発勁」として学んだ経験が無いことが、「発勁」という言葉を使用しない一つの理由となる。

しかしメインの理由は当然それではない。主な理由は下記の二つ理由からとなる。

  • 明確な「蓄」「発」による瞬間的な極大攻撃をするものではないから
  • 修行初期から当然に学ぶ「基本」であり「高級秘伝」ではないから

明確な「蓄」「発」による瞬間的な極大攻撃をするものではないから

ちまたで言われる発勁は、大きな力を発するための明確な「蓄(ちく)」「発(はつ)」動作の分離ニュアンスが大変強い。

止まらない徹底した移動遊撃戦の清朝末式八卦掌の「勢(せい)を維持することでその移動推進力を移動防御と移動攻撃に使用する」という考えと大きく異なる。

よって水式門では、門下生の混乱と誤解を避ける意味で「発力」という言葉で指導をしている。

修行初期から当然に学ぶ「基本」であり「高級秘伝」ではないから

発勁は、多くのメディアでも内容が紹介されており、容易に習うこともできないため、理解し使うのが大変難しいものだと思われている節がある。しかしその内容は、極めてシンプルである。 「発勁」方法は、多くの修行者が会得したがるキラーコンテンツ的技法となっており、それを題材にした講座は大人気である。

八卦掌における発力は、主要なものが3つでシンプルであり、精密な理論や要訣は必要ありません。

水式門では発力法を、本科・護衛護身科ともに、初期から当然に学ぶ。

初学でもイメージがしやすく、練習を積み重ねれば、才能などに関係なく誰でも習得可能なものとなる(「簡単にすぐにできる」ものではないが「特別な理解力や身体能力は不要」なのである)。

遊歩発力

この動画には解説音声が入ります

対多人数移動遊撃戦では、一人の敵を通り過ぎながらいなした後は、その場にとどまらず直ちに移動する。移動先は、敵のいない場所である。

そうすると必ず、移動過程で敵が自ら、横方向・斜め前方・斜め後方のいずれかから寄ってくることとなる。前敵対応の際、敵が我の攻撃射程距離に入る直前、スライド回避し攻防を開始する。

その形での攻防は、必然と横撃スタイルとなるため、そこで横撃攻防のメイン発力「遊歩発力」を使うことになる。

敵のいる場所に移動しないのは、まっすぐ入って敵と正面からぶつかるのを避けるため。また、まっすぐは入るとスライドの角度を大きく取らなければ正面からの力任せの攻撃にさらされやすくなるため。

そこで、最初から斜めで接触せざるをえない状態を作りだすために、敵の居ない場所に移動する。

以下で、遊歩発力の代表的な運用方法を、単招式「半斜三穿」 を材料として説明する。

「遊歩」とは、敵の横を通り過ぎる際に用いる歩法。股をたたみ、足を主に前に交差させ側面に目線を向けながら(向けない時もある)移動する歩法のことである。

対多人数移動遊撃戦においては常に動き続けることが良いと言われるが、移動に横歩き(いわゆる「カニさん歩き」)を用いると速度の遅さと対応できる技の少なさゆえにたちどころに敵に捉えられてしまう

遊歩で移動するならば、まっすぐ、もしくは斜め前に移動することになり移動速度も遅くならず、平素より練習している斜進翻身法を土台とした攻防ができるため、対多人数に対応できる可能性が生じるのである。

先ほども触れたが、対多人数移動遊撃戦では、敵をやり過ごした後の移動先は敵の居ない場所となる。

そうすると敵が斜め側面、もしくは側面から近づいてくるため、必然的に遊歩発力をメインで用いた横撃攻防となる。

技を出すからといって足を止めることはないため、敵を横にして歩きながら(移動しながら)力を伝える専門の伝力方法が必要となる。そこで斜進翻身法における遊歩発力が用いられる。

半斜三穿では、2・3発目の攻撃で敵に当てることを想定しているため(1発目は、わざと敵の視界で放ち反応させる見せかけの「虚打(きょだ)」2・3発目は「実打(じつだ)」)、2・3発目に遊歩発力を意識する。

虚打に続く2発の実打は、基本的に敵の視界からそれた側面から放つため、進行方向と打つ方向の角度は垂直に近い開きとなる。

よってこの際の遊歩発力運用のイメージは、我の身体を横へ移動させる推進力を用いて、横方向へ突き技で敵方向へ押し広げながら通り過ぎていくイメージ、だと分かりやすい。

3発目以後も次へと向かう移動遊撃戦が続くため、この敵にこだわって眼前にとどまったり、移動速度は遅くしたりはできない(後方から迫る敵に捕まるリスクがある)。よって、3発目は完全に離れながらの実打となる。

3発目の実打は、(上級者になって移動推進力が高くなるほど)我の身体が敵斜め後方へ移動している状態で打つことになる。

よって打ち抜くベクトルの方向は、まっすぐではなく身体進行方向に対し斜め反対側にわずかに広がっていく形となる(手の先端で押し広げているのはわずかであり、身体移動で押している)。

押し広げながら去っていくイメージは遊歩発力で大切なイメージとなるため、遊歩発力による技発出の際は、意識して練習したい。

扣擺発力

この動画には解説音声が入ります

「扣擺発力」は、扣歩(こうほ)によって生じた身体収縮の状態を、擺歩(はいほ)で身体を開いて解消し、その際に発生する「展開する力(展開力)」を移動推進力に加え、移動速度を速くしたり、移動推進力を敵にぶつけ伝えるものである。

つまり上記のとおり、発力は敵を攻撃する際に使うだけのものではない。それは二次的なものである。「展開する力」は、身体を転身する際の速度を速めるために当然に用いられることになる。なぜなら、清朝末式八卦掌は、「移動」による防御を第一としているからである。

移動推進力を利用して敵にぶつけるのも、一種の移動防御となる。敵に電撃的にスライド接近して推進力をぶつけることで、自分の眼の前に立ちふさがった敵を急襲し回避する。

もしくは、守るべき人・要人を手にかけようとしている敵を後方より突然襲う。清朝末式八卦掌は、護衛拳法であることを忘れてはならない。

扣歩→擺歩へと続く動作で身体が転身する際の勢いを利用でき、威力や速度が出しやすい発力法となるが、敵に一瞬背を向けることによる後方からの攻撃被弾リスクと、敵から目を離すことによる命中率低下のリスクが伴う。反復練習をし、常に練度を上げ続ける努力を要する発力法となる。

以下で、扣擺発力の代表的な運用方法を、単招式「平穿掌」 を材料として説明していく。

1.扣歩によってらせんのテンションを生じさせ、「縮」状態を現出する

技を放つ、もしくは進行方向を変える際、まず扣歩する。

技のベクトル方向・先ほどまでの進行方向のベクトル方向に扣歩ベクトルをかぶせるように扣歩する。

そうすると、両足は必然的に逆ハの字となり、そこで両足内側、身体各所に、収縮のテンションがかかることになる。

2.擺歩にて「縮」を解消し、解消による「展開する力」を発生させる

テンションがかかって身体が「縮」となった状態で、扣歩した足と反対側の足を擺歩する。

擺歩することによって、さきほどまで身体にかかっていた収縮のテンションが、擺歩に伴う身体の開きによって解消されることになる。

この「解放」によって発生する、「縮」の状態から「展」へと移る際の「展開する力(展開力)」こそが、扣擺発力の主な力となる。

※展開力を推進力に利用する「翻身発力」と似ているため両者を同一とする見方もできる。同一視点は、ある程度上級レベルにならないと、「同じである」と気づかないため、水式門では、両発力を分けて指導している。

3.発生した「展開する力」を、技の繰り出し・身体転身にのせる

擺歩によるテンション解消で生じた「展開する力」を、技にのせていく。

技にのせる際は、腕や足の先端が当たる瞬間にだけ力を合わせるのではなく、技が到達するまでの過程でもしっかり伝えるようにすること(そうしないと技の途中で敵身体に接触した際威力が伝わらないため)。

身体を転換する際も同じである。身体転身動作の始動時からしっかりと「展開する力」を利用するように日頃から練習時に意識しておく。

翻身発力

この動画には解説音声が入ります

内回りの身法(内転翻身法)は、敵を視界に入れたままの状態で攻防が可能な反面、歩く動作が元であるため、初学のうちはスピードにのりにくいという欠点がある。

片や外転翻身法は、敵に一瞬背を向けて転身するため、後方からの攻撃のリスクと、目を離すがゆえの命中率の低下のリスクがあるが、転身威力を利用できるため速度は出しやすい。

よって内転翻身法では、すばやい動きを実現し、かつ内転翻身中でも敵に威力を伝えることができる発力法があると心強い。そこで「翻身発力」が用いられる。

以下で、翻身発力の代表的な運用方法を、単招式「翻身拍打」 の型に単短棒を持った単式練習型を材料として説明したい。

敵のいない場所に移動している最中に、敵が横から寄ってきたので、棒で外方向へ逃げながら敵の攻撃を下方向へはたき落とす(写真1~3)。

外方向へ逃げながら攻撃をはたいたことで、敵から距離が離れ、かつ、敵と反対側へ身体移動ベクトルが向いたため、このままでは攻撃はできない。

よって、この状態から身体移動ベクトルを敵の方向側へ向ける必要がある(完全に敵の正面に向け、正面にぶつかっていくわけではないのに注意)。

この場面では、そのまま斜進翻身法で敵から離れる手段もある。しかし当解説では連続攻撃へつなげていく前提のため、まず身を翻しながら棒で横撃し、敵にプレッシャーを与え、次の攻撃を防ぐ必要がある。

プレッシャーを与えるにも、まずは身体移動ベクトルの向きを変える必要があ。しかし遊撃戦渦中では、身体流(しんたいながれ)の慣性が外方向へと働いているため、かなり大きな力をもってでしかベクトル方向を変えることは困難となる。

そこで翻身発力を用い急激にベクトル向きを変え、翻る勢いを利用してプレッシャーけん制攻撃と、次に続く実打攻撃を展開していく。

敵に向かって斜め下方からはたくように棒を打ち付けながら、その動作とともに我の身体もひるがえす。その動作とともに足も擺歩で入り、すかさず逆足を扣歩にて擺歩した足に寄せて、我の攻撃射程に我の身体をしっかりと収めていく(写真4~10)。この動作が、翻身発力を行う典型動作となる。

射程圏内に身体を収めたらすかさず、去りながらの実打を放っていく。ここからは、身法は「斜進翻身法」、発力法は「遊歩発力」を用いて通り過ぎながら実打を放つ動作へと移っていく(写真11~15)。

対多人数遊撃戦においては、敵のいない場所に向かって遊歩とショウ泥歩で縦横無尽に練り歩きながら横撃を展開する。当然通りすがりに寄ってくる敵の攻撃を避けるために、急速に身体の進行方向を変える場面が多く生じる。

遊撃戦渦中における身体流の慣性は想像以上に強く、多くの初学者がその慣性を克服できず遊撃戦に挫折する。身体をコントロールできないので、息が上がるわりに攻撃も防御もできない状態となり、間もなく敵に捕捉される。

遊撃戦の身体流を克服するために最も有効な手段は、ゆっくりでもいいので、内転翻身法を行いながら翻身発力を意識し、身を翻す動作を繰り返すことである。扣擺発力・遊歩発力ともに遊撃戦では必須ですが、まず翻身発力をマスターすることが、身体流を克服するためには最も手ごたえを感じることができる手段となるだろう。

程派の単換掌、もしくは護衛護身科・単招式「翻身拍打」 は、翻身発力を理解するうえで優れた型なので弊門では、本科では程派単換掌を、護衛護身科では、翻身拍打を、修行初期段階から練習し始める。

弱者生存の護衛護身武術を極めたい方へ~清王朝末期頃の昔日の八卦掌を国内で唯一伝える水野先生の道場「八卦掌水式門」入門方法

1.弱者生存第一の「単換掌の術理」に貫かれた成立当初(清王朝末期頃)のままの八卦掌を国内で唯一追求し指導する、稀代の八卦掌家

八卦掌水式門代表・水野の写真
八卦掌水式門代表・水野義人先生

八卦掌水式門で八卦掌第7代を掌継させていただいた遠隔地門下生のsと申します(先生の指示で仮称とさせていただきます)。代継弟子の一人として、八卦掌水式門の紹介をしたいと思います。

石川県・遠隔地門下生

八卦掌水式門は、成立当初(清王朝末期頃)の「単換掌の術理(単換掌理)」に貫かれた「生存第一スタイル」の八卦掌を指導する、国内で極めて数の少ない八卦掌伝統門です。

八卦掌第6代の水野先生の伝える八卦掌は、敵前変化攻防の近代スタイル八卦掌が主流となっている現代において、対多人数移動遊撃戦による弱者使用前提撤退戦を貫いた異色の存在となっています。

先生の伝える八卦掌の最大の特徴は、やっぱり、「単換掌の術理(水式門で先生は、「単換掌理」と呼んで指導しています)」に徹している点。

「単換掌理」とは、敵と接触を極力さけ、敵の力とぶつからない方向へ移動しながら対敵対応をする術理です。間合いを取り、逃げることを正当な戦法とし、力がぶつからないため、女性やお子さん・お年を召した方にとって最も現実的な護身術となっています(※よって水式門では、私を含め、女性の修了者さんが多いです)。

単換掌理を理解するには、修行の初期段階に、掌理に熟練した指導者による対面での練習を通して対敵イメージをしっかりと構築することが必要不可欠、だと先生は言います。

「単換掌理系の技は、対人走圏で養った移動による間合い取りと、敵の引きつけ引き込み技術、転身技術とで実行する技。現実的で明確な敵のイメージを持って練習しないと、実戦でとまどうことになる」は先生の口癖ですね。

相手の侵入してくる角度や強度、そして敵動作に対する自分の身体の使い方を、先生の技を受け、または先生に試し打ち(!)をしながら自ら身体を動かして学んでいく必要があります。それは初心者には果たせない役割。水式門では、先生がいつも相手をしてくれるし、新しい技を始動するとき、使い方もしっかりと見せてくれるから、一人の練習の時でも、イメージが残るんです。

よって最初から全く一人で行うことは、リアルな敵のイメージが分からない点から、大変難しいものとなります。この問題は、私がこの場で、先生の指導を受けたほうがといいと強くすすめる理由となっています。

私も遠隔地門下生。先生が富山に来たときは、集中的に相手になってもらいました。石川県という遠くであっても、先生の教え方のおかげで、ブレずにここまで来ることができました。

単換掌理に基づいた弱者生存第一の八卦掌を指導する八卦掌の教室は、全国にほとんどありません(それか、公にしていません)。弱者使用前提がゆえの現実的方法で自分を守る武術に興味がある方。力任せの攻撃にも負けない八卦掌を極めたいと思う方は、水式門の扉を叩いてください。水式門なら確実に、弱気が生き残るための技術を学ぶことができます

2.八卦掌水式門は、入門審査を通った者が門下生となることができる純然たる「伝統門」道場

八卦掌水式門代表・水野の写真
八卦掌水式門代表・水野義人先生

八卦掌水式門は、代表である水野先生が、八卦掌第5代(梁派八卦掌第4代伝人)である師より指導許可を受けて門を開いた、純然たる「伝統門」です。それゆえ、入門資格を満たしているかを判断する入門審査(問いあわせ~体験までの態度を見ての総合判断)を、入門希望者すべての方に例外なく行っております。もちろん私も受けたうえで入りました。

水野先生が指導する八卦掌は、護身術であれど、一部に当然殺傷技法が伝えられ、昔の中国拳法と同じく実戦色が強い八卦掌。誰それ構わず指導することはいたしません。

特に先生は、拳法を始めた動機も真剣。自分を律することができない人間に伝えてしまい、それで人が傷つけられてしまう事態を招くことを、心から心配しています。

よって、以下で掲げてある「入門資格」を満たした人間だと判断した場合にのみ、先生は受け継いだ技法をお伝えしています。「八卦掌の伝統門として、門が負うべき当然の義務と配慮」。これも先生が常に話す口癖ですね。

水式門には『弱者生存の理で貫かれた護衛護身術「八卦掌」を日本全国各所に広め、誰もが、大切な人・自分を守る技術を学ぶことができる環境を創る』という揺るぎない理念があります。

先ほども触れたように、己を律することのできない人間に伝えてしまうことは、技法が濫用され第三者が傷つく事態を招き、理念実現に真っ向から反する結果を生んでしまいます。

水野先生は、門入口を無条件に開放して指導し門を大きくすることより、たとえ審査を設けて応募を敬遠されたとしても、少なからずいる暴力的・非常識な人間に伝わってしまう事態を避けることを重視しています。

ここまで書くと、なかなか入ることのできない難しい道場だと思うかもしれませんが、そんなことはありません。審査はありますが、一般的な常識と礼節、思いやりがあれば、心配する必要は全くありません

指導を受けてみれば分かるのですが、先生はいつも、門下生のことを考え、熱心に指導してくれ、怒鳴ったりもなく、笑顔です。安心してください(無礼な態度や乱暴なふるまいには、ベテラン・初心者関係なく厳しいですが)。

審査を通過した正式門下生には、「誰もが大切な人、自分を守ることができる八卦掌」の全てを、丁寧に、熱心に。真剣に教えてくれます

迷ってるあなた。水式門には、積み重ねるならば、弱者と言われる者でも高みに達することができる技術体系があります。先生の温かく熱心な指導で、「守る」強さを手にしてみませんか。

3.入門手続き

八卦掌水式門の正式門下生となるためには、個別指導科における近代八卦掌コースを除いたすべての科において、仮入門期間(体験入門日から一カ月経過もしくは体験入門を含めた3回の練習参加)を経る必要があります(指導内容が他人を傷つける技術を含むため)。この期間を経過した後、入門を希望する方は、以下の手続きに従い、入門申請をしてください。

手順1 申込フォーム記載申請と体験入門参加

各科とも以下の問い合わせフォームに必要事項を記載のうえ体験入門を申請する。

手順2 本入門希望者は、「本入門申請フォーム」より、本入門申請をする

体験入門を含めた仮入門期間経過後、本入門を希望する方は、各科共通の 本入門申請フォーム より、本入門申請をしてください。本入門を認めるかどうかの判断をさせていただきます。

「入門資格・入門時誓約事項・入門時特記事項」については、こちら にて必ず目を通し、理解したうえで本入門申請をすること。

「入門資格・入門時誓約事項・入門時特記事項」

本入門申請意思受領後、本入門審査を経て、結果のメールを送信します。本入門許可者には、入門案内のメ―ルを送信しますので、メール文中に記載されている弊門指定の銀行口座に初月指導料を振り込んでください。

※入門許可メール送信後、送信日を含めて14日以内に入金がない場合は、入門の意思がなくなったと判断し、申請はなかったものとさせていただきます。

※本入門が許可されなかった場合についてのクレーム・理由開示要求には、例外なく対応いたしませんのでご了承ください。

手順3 「入門誓約書」のダウンロード

下のリンクにて「入門誓約書」をダウンロードし、内容を確認。誓約書の内容に同意するならば、同書類を印刷し、必要事項を記載の上、本入門後の初回練習時に持参する。

「入門誓約書」のダウンロード

※ダウンロードができない方は、shiroikukmoajisai@gmail.com 宛にご連絡ください。

手順4 練習会に初参加

上記「入門誓約書」を持参の上、グーグルカレンダー記載の希望各科の練習会に参加する。

※「入門誓約書」を必ず持参すること。持参し忘れ2回目の者には例外なく指導しない。ダウンロードができなかった理由で持参出来なかった者は、必ずそのむねを告げること。

※カレンダーが、参加する科のカレンダーであるかどうかを、しっかりと確認すること。

※各科とも、参加希望日の前日の24時までに、に、参加メール「例文:○○です。○○日参加します」とメールを入れること(場所変更の可能性があるため)。

八卦掌水式門富山本科イメージ