トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!インデックスページ>サーフシーバスポイント攻略法~ワンド(凹)部分

サーフシーバスポイント攻略法~ワンド(凹)部分

ワンド部分の写真

ワンドは、私が最も得意とするポイントです。過去の釣果を見ても、数、大きさ、ともに、ワンドでの成果はかなり上位を占めています。

それは、ワンドが、シーバスを呼び込む要素を持っていて、かつ、私たち釣り人にとっても攻めやすい条件がそろっているからでしょう。

私の経験によると、ヒット率という点では、サーフの代表的なポイントたる「河川の流れ込み」を大きく上回っています。このページでは、そんな魅力的で、かつマニアックなポイントを説明したいと思います。

ワンドは大小問わず、シーバスの寄り場となる

 出っ張り(凸)部分に負けず劣らず有望なのが、サーフのワンド(凹)部分です。ワンドは、外洋、内湾サーフを問わずいたるところに存在します。

外洋サーフのワンド部分の写真
外洋サーフのワンド

内湾サーフのワンド部分の写真
内湾サーフのワンド

 ワンド部分は出っ張り部分(凸部)に比べると潮通しが悪そうで、シーバスも回遊して来ないような気がしますが、そんなことはありません。

 実に今まで釣ったシーバスの中の多くは、ワンド部分で釣ったものです。

 なぜ、ワンド部分でシーバスが釣れるのか、その理由を自分なりに述べてみたいと思います。

 ワンド部分というのは、ワンドの両端を出っ張り部分に囲まれています。つまり、海が荒れ、波が高いときでも、ワンド部分は比較的穏やかです。

 出っ張り部分は、波や潮通しが荒く小魚たちはワンド部分に避難してきます。ワンド部分には多くの小魚たちが泳いでいます。

 シーバスがそれを逃すわけがありません。必ずシーバスは小魚の溜まるワンド部分に回遊してきます。

 よくルアー雑誌を見ていると、「サーフでシーバスに追われた生きた小魚たちが岸に打ち寄せられ・・・・」なんてことを書いてあります。

 そのシーン、私も幾度か遭遇したことがありますが、そのほとんどがワンド部分でした。

 このことは、ワンドに溜まった小魚をシーバスが追い詰めている証拠でしょう。

ワンド(凹部)の攻略法は?

 ワンド部分の狙い時は、やはり海が荒れているときでしょう。海が荒れて、出っ張り部分で波が荒く、ワンド部分でさざめき立ってジャブジャブしているときが最高です。

 満遍なくワンド部分を責めてみましょう。

 この時は岸から極めて近い部分でシーバスがヒットすることもあります。また、マゴチやヒラメもかかります。ですから、なるべく水域には入り込まないようにしましょう。下の写真は立ちこみ過ぎてます。悪い見本です。

内湾サーフのワンドに立ちこんでいる写真
立ちこみすぎ!

 実際には、上の写真で立ちこんでいる部分でも、当たり前にヒットしてきます。

 ワンド部分で写真のように立ち込む必要はありません・・・。

 べたなぎサーフで釣れるイメージのマゴチがかかるのは意外ですが、恐らくマゴチもワンドに避難してくるのでしょうか?

 ルアーはジャブジャブと波高が高いならやや潜るフローティングミノー、波が静かならシャローランナータイプのフローティングミノーでいいでしょう。

 サーフのワンド部分でのシーバス攻略は、「満遍なく、じっくりと」です。投げては移動、の私のサーフフィッシングスタイルの中では、数少ない回遊待ちでじっくりと待つ、という感じになります。

 上の写真のように穏やかならば、私はシャローランナーのフローティングミノーで攻略します。