トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!インデックスページ>サーフシーバスポイント攻略法~馬の背(凸)周辺

サーフシーバスポイント攻略法~馬の背(凸)周辺

サーフにおける馬の背(凸)の写真

馬の背とは、サーフに張り出した出っ張り部分のようなもの(左写真)。この場所には、様々なフィッシュイーターたちが集まります。ちょうど馬の背周辺が、かけあがりになっているので、かけあがりを好むシーバス、ヒラメにとっては、代表的な寄り場となっているのです。

馬の背は、サーフを歩きながら観察していると、大小さまざまなものがあるとわかります。わかりやすいもの、わかりにくいもの・・・。規模や形がどうあれ、そのような場所を見つけたら、必ず一定時間周辺を攻めてみるのがいいでしょう。きっと思いがけない出会いをするかもしれません。

このページでは、そんな魅力的な馬の背周辺の攻略法を説明します。

馬の背(凸)周辺を攻める意義とは?

 砂浜サーフのポイントは実に絞りづらいです。

 私がシーバスフィッシングをやり始めた頃はルアーマンの数はほぼ砂浜にいなくて、小川の払い出しのような分かりやすいポイントでも独り占め状態でした。

 しかし近年はシーバスフィッシングの一般化に伴い、砂浜サーフにもルアーマンがたくさん来るようになりました。

 当然、パッと見で分かりやすい払い出しポイントは人だらけです。

 人が多ければ、そこにいる魚も釣り人のプレッシャーによりスレやすく、釣りにくい状態となります。

 結果、払い出し付近のマゴチやヒラメも、乱獲状態となり、個体数・大きさともに低下します。

 逆に砂浜の出っ張り部分は、分かりやすいポイントであるにも拘わらず、混雑の少ないポイントでもあります。

 単なる出っ張り(突起)だけでは、シーバスがいる感じがしないのでしょうか。

 しかし、私は今まで多くのシーバスを出っ張り部分で仕留めました。

馬の背(凸)周辺が有望なポイントとなる理由

 新規シーバスポイント開拓では、尺度の大き目の地図を見て、出っ張った地形で潮通しのよさそうな岬周辺の砂浜サーフを選びます。

 それと同じで、一つの砂浜サーフ内でポイントを見定める時は、手始めに出っ張った箇所を責めます。

 そのような場所は必ず潮の流れがいいはずです。多くの栄養分(プランクトン等)が出っ張り部分を通るため、小魚も立ち寄り、その群れについたシーバスも立ち寄るでしょう。

 すごい時は、その馬の背周辺で待ち構えているシーバスが連続してかかることもあります。出っ張り部分の波間で、シーバスのシルエットを見ることも多々ありました。

 また、出っ張り部分は、安全に沖目にルアーを投げることが出来る唯一の場所でもあります。

 外海に面した外洋サーフの出っ張り部分は、ワンド(凹)部分から10~20メートルぐらい出ていることすることもあります。

馬の背(凸)周辺はこう攻める

 馬の背(凸)周辺で投げるだけで安全に沖に投げ込むメリットは大きいですね。

 馬の背から240度くらいの広角キャストをすることも出来ます。

 馬の背から、ワンド部分の方にキャストし、ワンド部分の浜と並行に巻くことも出来ます。

 ルアー雑誌では、岸と平行にルアーを泳がすことは否定的な意見が多いですが、私はシーバスに関しては多くの釣果を上げています。

 馬の背は必ずどこの砂浜サーフでも見られますので、是非とも攻めてもらいたいです。

 ほかの人が何の変哲もないと思っている部分でシーバスを仕留めたなら、必ず自信につながると思います。

 真昼のデイゲームなら、なおのこと、ほんの少しの出っ張り部分(2メートルくらいでもOK)でも攻めて欲しいです。

 思わぬ釣果が期待できます