トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!インデックスページ>サーフシーバスポイント攻略法~沖テトラ・沖堤の切れ目付近

サーフシーバスポイント攻略法~沖テトラ・沖堤の切れ目付近

サーフのシーバスフィッシングの代表的ポイントである、沖堤防・沖テトラの切れ目付近の攻略方法について紹介するページです。

外海にも内湾にもコンスタントに存在するポイントです。規模の大小の違いはあれど、サーフのシーバスポイントの中では意外と絞りやすいポイント。是非とも得意ポイントにしてください。

海が荒れた時に威力を発揮するポイント

 砂浜サーフには、沖にテトラや堤防があるサーフがあります。

 波が高い時は、テトラ内側でも重要なポイントとなります。荒れた外海を避け、テトラ内側にベイトが入ってくるので、それを狙ってシーバスが回遊してくるからです。

 波が高くない時は、テトラ内側は基本的にはフラットフィッシュ狙いが中心となります。テトラ内側は浅いため、フローティングミノーでマゴチ・ヒラメを狙いやすいのです。

 では波が高くない時、シーバスはどうなのか?場所を間違えなければシーバスも狙えます。

 下のイラストを見てください。

沖テトラ・沖堤の切れ目付近
沖テトラ・沖堤の切れ目付近は水深に変化ができている

水深の深浅がはっきりしているため、その変化を狙いやすい

 基本的に沖テトラの内側の部分は、沖テトラの内側の真ん中を起点に岸に向かって扇型に浅くなっています(上イラスト参照)

 シーバスは、海が荒れている日はその浅い所の周辺を狙うのです。波が穏やかな日は切れ目周辺を狙います。つまり、切れているところ付近を狙うので、いつもよりやや遠投気味にルアーを投げて狙います。

 先ほども書きましたが、このポイントは浅瀬とそうでない所の差が出やすいので、メリハリをつけて攻略出来ます。

 沖にテトラがあるからといって、「こんなところに魚はいない」と決めつけたりせず、思い切ってチャレンジしてください。荒れている日もベタ凪の日も、足もとにフィッシュイーターが潜んでいるかもしれないので、不用意にウェーディングするのは止めましょう。どうしても立ち込むならば、足元を攻め切った後で立ち込むようにしましょう。

 海岸でピンギス・ゼンメなどを釣っている人がいるならば、チャンスは大きいです。荒れた日も凪の日も何度か狙ってみましょう。釣れないと判断するのはそれ以後でもいいですよね^^