トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!インデックスページ>サーフシーバスポイント攻略法~海苔そだ周り

サーフシーバスポイント攻略法~海苔そだ周り

夕暮れの海苔そだ

サーフのシーバスフィッシングの代表的ポイントである、ノリソダ周りの攻略法について紹介するページです。

海苔そだは、漁師さんの生活の糧でもある聖域ですので、海苔そだをタイトに攻めることは絶対にすべきではありません。その周りを攻めることにとどめるべきです。

このページでは、迷惑をかけない範囲内での、海苔そだの周辺の攻め方を説明したいと思います。

分かりやすいけど見落とされがちな、海苔そだというポイント

 サーフのシーバスポイントで分かりやすいポイントの一つがノリソダです。

 ノリソダは外洋サーフにあるものではないので、主に内湾サーフのポイントと言えるでしょう。

海苔そだの写真
内湾サーフの典型ポイント・海苔そだ周り

 内湾サーフで海苔そだが立つ頃は、北西の季節風が吹き始める10月頃となります。その頃は、食い気満々のシーバスがサーフに回遊してくる頃です。

 ノリソダ周りも、格好のポイントとなります。ノリソダには、多くの小魚が集まります。ノリソダ自体が一種の、ストラクチャーとなるのです。

 シーバスは、ノリソダ一帯で行われる、ベイトフィッシュの群れの滞留をめがけて回遊してきます。

海苔そだの攻略法と注意点

 私の攻略方法としては、ノリソダを背にして、ノリソダと反対側にルアーをキャストします。

 こうすると、ノリソダにルアーを引っかけてしまうことはまずありません。漁師さんの商売道具を傷つけることは決して出来ないからです。

 このように投げる方法の理由としてもう1つあります。それは、ノリソダに集まったベイトフィッシュの群れからはみ出したベイトを演じるためです。

 ノリソダにシーバスが回遊してくれば、かなりの確率でシーバスはヒットします。それは真昼であっても全く同じです。

 私は、ノリソダポイントで80センチクラスのシーバスを複数回ヒットさせています。ヒット時間はみな昼前後です。いかに食い気満々のシーバスが回遊してきたのかが分かりますね。

 こんな確率が高くて分かりやすいポイントですが、欠点があります。

 その欠点とは、海藻がルアーに引っ掛かって釣りにならない日がある、ということです。

 海が荒れ過ぎると、海中の海藻がちぎれて岸に打ち寄せられます。その中をルアーを泳がせるわけですから、引っかかってしまって泳がなくなってしまいます。

 シーバスは荒れた日は岸の近くを回遊するのでしたよね?その岸近くで泳がせられないなら、ヒット率は当然悪くなります。

 ノリソダは、海藻の集まりやすい所に設置してあるので、そこで釣る私たちがいけないのですが、なんとも残念な話です。

 狙い目の日は、海が荒れ、北西の季節風が吹き荒れた日から2日くらい経った日です。このくらいなら、海藻の漂う状態はかなり改善されています。

 その条件の中で釣りが出来るなら、かなりの確率でシーバスを仕留めることが出来ると思います。