トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!インデックスページ>サーフシーバスポイント攻略法~根磯周り

サーフシーバスポイント攻略法~根磯周り

根磯周りの写真

分かりにくく玄人向け?のポイントや変化が多い中で、根磯周りは、パッと目にわかりやすく、攻略しやすいポイントでしょう。

根磯周りには小魚のみならず、シーバス以外のフィッシュイーター(ヒラメ・マゴチなど)も寄りやすい場所となっており、小魚目当てのフィッシュイーターを攻めようとしている我々にとっては、攻めやすく、かつ釣果の上がりやすいポイントです。

根磯周りはサーフ内の分かりやすい変化・・しかし根がかりも

 分かりやすいポイントの一つとして、根磯周りがあります。

 実は私、下の写真のような根磯周りは非常に苦手なのです。

根磯周りを攻める管理人の写真
サーフの根磯周り

 根がかりの不安があるからです。ただ、コントロールが悪いだけなのですが・・・。

 水没した根周りを攻めるには、シャローランナータイプのフローティングミノーが必要です。通常のやや潜りやすいタイプ(潜行深度80~100センチ)だと、あっという間に根がかりしてしまいます。

 特に水没した根周りを攻めるには、トップウォータープラグでもいいでしょう。食い気満々のシーバスが、ガバッと喰らいついてくるでしょう。

根磯周りをどう攻略するか?

 もう一度、上の写真を見て下さい。

 写真は、内湾の海水浴場の根磯周りです。

 根磯周りとは大げさかもしれません。しかし、こんな小規模な根周りでも、大型シーバスは回遊してきます。

 根磯は、そこに多くの微生物・小魚が寄っています。その小魚たちをシーバスが見送るはずがありません。

 また、写真を見ていただいてもわかるように、押し寄せた波が根磯に沿って沖に流されていきます。これって、シーバスの一級ポイントたる「カレント(離岸流)」に似てますよね?

 当然、根磯の周りは沖に流れ出す海水によってやや深く掘られます。

 その差は30センチくらいかもしれません。しかし、魚にとって30センチの深さは大きいものです。

 それは魚にとっては大きな変化です。その変化を迷わず攻めましょう。

 上の写真は、超シャローランナーで沖の沈み根を攻めているところです。

 ・・・いずれにしろ、根周りは丹念に攻めるべきでしょう。

 根がかりでルアーをロスしないように、超シャローランナーで攻めるのがいいです。

 根磯に回遊してくるようなシーバスは活性が高いので、トップウォータープラグですら水を割って食いついてくるでしょう。

 リトリーブスピードはゆっくりで。ルアーを無事に通しつつ、しっかりとルアーが持つ泳ぎを実現することがポイントです。