トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!インデックスページ>サーフシーバスポイント攻略編~波打ち際

サーフシーバスポイント攻略法~波打ち際

サーフのシーバスフィッシングの代表的ポイントである、波打ち際の攻略方法について紹介するページです。

 波打ち際は、サーフのシーバスポイントの中で、最もヒットの確立が高いポイントの一つであるにもかかわらず、皆が最も軽視してしまいがちなポイントの一つでもあります。

 波打ち際の魅力とその攻略ポイントを詳しく説明していきます。

凪のサーフでも荒れ気味のサーフでも、波打ち際は最大のヒットゾーンの一つ

 サーフのシーバスフィッシングでは、足もとのポイントが極めて浅いため、ルアーを沖に飛ばさないと魚はいない、波打ちぎわは意味のないゾーンだと考えている人が意外と多くいらっしゃいます。しかし、私にとって、波打ち際は最大のヒットゾーンです。私は多くのシーバスを波打ち際でヒットさせています。

 シーバスフィッシングをし始めた頃は沖にばかり目がいっていたので、波打ち際を丁寧に攻めることはありませんでした。波打ち際までルアーが到達すると、早々とルアーを回収していました。

 波打ち際を攻めることなくいきなりウェーディングしていたので、何度もマゴチに逃げられていました。それくらい、波打ち際を侮っていたのです。

凪(なぎ)のサーフの波打ち際攻略法

 下の写真を見てください。ベタ凪の時のサーフを上から見たものです。私がシーバス・マゴチなどのフィッシュイーターをヒットさせているゾーンを紹介したいと思います。

凪のサーフのポイント解説写真
凪のサーフのポイント

注意!:ウェーディング限界ラインはあくまで目安。安全のため不用意に立ちこまないこと!

 沖に行くとマゴチは居ないのか?と誤解されてしまうかもしれません。そうではありません。私のフィッシングスタイルがフローティングミノー一辺倒で、シーバスをメインで狙っているので、深い所のボトムにいるマゴチが釣りにくいだけなのです。

 写真のようなベタ凪、クリアー水質では、波打ち際でシーバスをヒットさせるのはなかなか難しいかもしれません。写真のような状態では、波打ち際はマゴチ・ヒラメなどのフラットフィッシュがメインとなります。

 沖にルアーを投げこみ、沖はシーバスに見せるつもりでリトリーブし、波打ち際ではフラットフィッシュたちに見せるつもりでリトリーブする・・・。ベタ凪の時はワンキャストで様々な魚を狙っていきましょう。リトリーブはタダ巻きで良いと思います。とにかくしっかり泳がせることです。

荒れ気味のサーフの波打ち際攻略法

 次は荒れ気味サーフでの攻略について述べたいと思います。説明に入る前に下の写真を見てください。

荒れ気味のサーフの波打ち際ポイント解説写真
荒れ気味のサーフの波打ち際ポイント

注意!:ウェーディング限界ラインはあくまで目安。安全のため不用意に立ちこまないこと!

 上の写真は、波高2メートルくらいのサーフです。一般に、サーフのシーバスフィッシングで最も釣れると言われる状態です(この状態ならば、昼間だろうがなんだろうが、ビックワンが望めるでしょう)。

 上のようなサーフの状態では、波足が長く、沖のブレイクラインまでとても届きません。ウェーディング限界ラインと書きましたが、これは魚を逃がすからこれ以上行ってはいけない、という意味ではなく、生命の危険があるから限界ラインという意味です。波足の長いサーフでは、沖など狙わなくても十分近くまで向こうから来てくれます。

 写真中央に「シーバスヒットゾーン」と書いてありますよね。基本的にシーバスは、波打ち際の白波の中で十分にヒットするターゲットです。このゾーンはかなり岸に近いところまで来てますよね。ヒットする時は本当に足元でヒットするのです。

 ある古老の話です。餌で浜からスズキを狙う名人は、自分の足に仕掛けが絡むくらいの波打ち際を狙います。沖のブレイクラインの向こうではありません。足元なのです。シーバスの体高が隠れるくらいの水深でなら、いくらでもヒットするのです。

 シケ気味サーフの波打ち際攻略方法のまとめです。ルアーは沖のブレイクラインと手前のブレイクラインの間に投げ込みます(写真の青いゾーン)。そして、手前のシーバスヒットゾーンで勝負をかけます。ウェーディングはなるべくしない。命のためです。

 波打ち際は、流れ込みやカレント等に比べると極めて地味なポイントです。波打ち際を代表的なポイントといってしまうと、全ての浜はポイントなる、と言われそうです。

 でも私はそう考えています。だって、そうじゃないでしょうか?海が陸地と接する最前線のラインですよね、波打ち際は。これってかなりすごい「変化」と言えないでしょうか?

 実際、多くの魚種も、沖より陸地と海の際で釣れますよね。シーバスも全く同じでしょう。砂浜は一見なんの変化が無いようでも、多くの食物連鎖が繰り広げられています。食物連鎖ピラミッドの頂点に立つシーバスが回遊してこないわけがありません。

 波うち際で生命の存在を強く感じる場所があったなら、そこを回遊待ちのポイントにするくらいです。波打ち際は、多くのフィッシャーマンに無限に与えられたワンダーゾーンです。