トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!インデックスページ>サーフシーバスポイント攻略法~カレント(離岸流)

サーフシーバスポイント攻略法~カレント(離岸流)

サーフのシーバスフィッシングの代表的ポイントである、カレント(離岸流)周りの攻略法について紹介するページです。

カレントは、様々な釣り雑誌で有望ポイントとして紹介される機会も多い、メジャーなポイントでしょう。しかしカレントを判別するのにはコツがいります(特に内湾サーフ)。このページでは、カレントの攻略法と見つけ方を併せて説明していきましょう。

絶対に狙いたい超一級ポイントたるカレント(離岸流)

 サーフのシーバスフィッシングの本を読んでいて、最初に出てくる代表的ポイントはこのカレント(離岸流)でしょう。

 カレントはどちらかというとサーファーの中で有名です。私が主に砂浜サーフでの投げ釣りをしていた頃、多くの投げ釣り師はカレントをそんなに意識していませんでした。知らない釣り師もいたくらいです。

 かくいう私も、カレントの存在をかなり軽視していました。第一内湾のサーフでは分かりにくいのです。外洋のサーフでは極めて激しいカレントがあるので分かる時もあるのですが・・・・。

 しかしシーバスフィッシングを始めて、少しの変化も見逃さない決意をしてから、多くのカレントを発見することになります。それは内湾サーフでも同じことです。

 外洋サーフはほんの少しくぼんだ所からカレントになっていることが多かったです。

 内湾サーフは、どちらかというと潮の流れの影響を受けているあたりに多いです。内湾サーフはやはりカレントを見つけにくいですが。

 外洋サーフのカレントは、見つけると分かると思いますが、沖に向かって流れる速さがまるで急流の河川のようです。それくらい激流なのです。外洋サーフのカレントに巻き込まれたらひとたまりもないでしょう。流れは一目見て分かるので、探すのは容易でしょう。外洋ではカレントとカレントの間の距離が1キロぐらいはザラなので、地道に歩くことをおススメします。

カレント(離岸流)におけるポイントの図

白の矢印: 打ち寄せる波の流れ

黒の矢印: 小さな払い出しの流れ

茶の矢印: カレント(離岸流)の流れ

赤の印 : 有望ポイント

カレント(離岸流)攻略の基本と注意点

攻略法

 カレントでは波打ち際や足もとにシーバスはいます。ルアーの届く範囲に十分回遊してきます。ここにはシーバスだけでなく、ヒラメ・マゴチ・クロダイなどのターゲットも豊富です。ですから沖にこだわることはありません。

 どうしても沖にこだわる時は、裏技ですが、流れの中心にルアーを投げこみ、リールのベイルをフリーにして沖に流されるのを待ちます。それからルアーを泳がせます。砂浜サーフの場合ルアーを流していると岸に打ち寄せられるだけですが、カレントの場合は沖にどんどん流されます。この戦法はカレントの流れが強い外洋サーフで有効です。もちろん私も実績を上げています。この方法を使うと、かなり沖までルアーを運ぶことができます。

 カレントを狙う時は、沖に向かう流れの脇を狙うといいでしょう。流れの真ん中を狙うと、ゴミが引っかかったり流れが強すぎたりで大変釣りにくいです。『カレントの強い流れを避けて、脇を弱々しく泳ぐベイトフィッシュ』を演じてください。

注意点

 カレントの攻略では決して立ちこまないことです。危険です。先ほども言った流れに巻き込まれたら、あっという間に沖に流されてしまいます。

 サーファーですらカレントの流れによって命を落とすことがあります。サーファーの装備は、水の中で浮力を得られるウェットスーツ。水の中で活動することを前提に作られている装備であるにもかかわらず、強い流れのなかでおぼれることがあります。

 サーフのシーバスフィッシャーマンの装備は、基本的に水中で活動するためのものではありません。そのような装備で沖に流されたら、極めて危険であることは想像できます。

 ですから、絶対に立ちこまないことが基本です。その次はウェーダーのウェストベルトをしっかりとつけ、ウェーダー内に水が必要以上に入ってこないようにします。そのうえでフローティングベストを着用します。