トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!インデックスページ>サーフシーバスポイント攻略法~ゴミのたまっている場所

サーフシーバスポイント攻略法~ゴミのたまっている場所

サーフのシーバスフィッシングの少しマニアックなポイントである、砂浜や海面でゴミのたまっているところ周りの攻略法について紹介するページです。

ゴミがためっているため、狙いにくく見栄えも悪く、とどまってルアーをキャストする人は少ないのですが、意外とシーバスが居たりします。このページで、意外性のあるこのポイントの攻め方を説明しましょう。

ゴミがたまる=潮の流れに変化がある場所、と推理する

 このページでは、サーフのシーバスフィッシングの代表的なポイントであるゴミのたまっている所について紹介したいと思います。下写真のような場所ですね。

ゴミのたまっている場所の写真
サーフでゴミがたまっている場所を見つけたら要注意

 ここでゴミとは、様々な漂流物をいいます。他の地点よりゴミが固まっているところというのは、他の場所より潮の流れが変化している、ということになるからです。

 私は、ゴミが溜まる所は潮だまりである、と考えています。ですから、海が荒れたときなどはこのポイントを丁寧に攻めます。性質上、ワンド(凹)部と似ているでしょう。攻め方はワンド部分と同じ、ということになります。

サーフシーバスポイント攻略法~ワンド(凹)部分参照

 よく橋の上より川を見ると、流のヨレているあたりに魚が避難?しているケースがあります。ゴミはそのヨレに似たケースとも言えます。その場所にシーバスが立ち寄り、少しの間でもとどまるならば、多くのチャンスが生まれることになります。

ゴミがたまっている周りの攻略法と注意点

攻略法

 ごみが溜まっている所は、ルアーにゴミがひっかかってしまい狙いにくさがあります。ですから、長めのシーバスロッド(11ft)でくるぶしまで立ち込み(海が荒れているときが多いので、不用意に立ち込まない)岸際のゴミにルアーがひっかかる前に水中から巻き取るようにします。

 つまり波打ち際の魚は無視して、沖目のシーバスを狙うようにします。波打ち際を重視するのは玄人の間のセオリーでしょうが、このポイントでは例外と考えています。

 あまりに沖までゴミが浮いている所はポイントとして外した方がいいでしょう。そのようなポイントは潮の流れが極めて悪いポイントの可能性があるからです。潮の流れが悪ければシーバスの回遊は望めないと思われます。

 あくまで潮通しのいいポイントの中で、他の場所よりゴミが多めに流れ着いている場所がポイントとして有望だと考えてください。そもそも、ポイント全体がゴミだらけではルアーをしっかりと泳がすことはできず、泳がせることができないのならシーバスのアタックは望めません。

注意点

 最後に大事な注意点をひとつ。浜辺に流れ着いている漂流物は決して触れないでください。中には非常に危険なものがあります。その危険なものは、我々の日常生活からかけ離れた危険なものもあります。日常生活中の感覚で不用意に近づかないことです。サーフに流れ着く危険な漂着物には、以下のものが挙げられます。

  • 廃棄された医療用器具
  • 危険な有害物質が入ったポリタンクなど
  • 動物の死骸
  • 不発弾

 廃棄された医療用器具や動物の死骸には、危険な病原菌が含まれている可能性があり、不用意に接すれば感染の可能性があります。

 危険な有害物質が入ったポリタンクや、不発弾の危険性は言うまでもありません。

 浜辺には私たちが想像もつかない危険物が流れついています。警戒を怠らず楽しく浜辺でキャスティングしましょう。