トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!インデックスページ>サーフシーバスポイント攻略法~砂浜がデコボコしている所

サーフシーバスポイント攻略法~砂浜がデコボコしている所

サーフに行けば必ずと言っていいほど存在するポイントである、砂浜の表面が規則的にデコボコ(凸凹)している所の攻略法について紹介するページです。

近年のサーフのシーバスフィッシングの大盛況ぶりで、めざといポイントは人だらけ。でもデコボコしている場所はサーフのあらゆる場所に複数あるため、このポイントの攻略法を知っておくことは、結果的にヒットの機会を増やすことになるでしょう。

特に昼間のサーフシーバスフィッシングでは、わずかなデコボコ部分も見つけられやすいので、あなたのポイントのレパートリーに入れておきましょう。

砂浜の表面が規則的にデコボコしているところは、立派な変化だと捉える

 サーフのシーバスフィッシングで、砂浜の表面がデコボコしているところがあります。私は、この変化も立派な変化であると考えています。

 デコボコというと、ワンドや出っ張りというイメージを思い浮かべるでしょう。しかし、ここでいうデコボコとは、上下にデコボコという意味です。

 このデコボコの度合いは、規則的であれば規模は小さくてもいいです。一般的に、外洋では規模は大きく、内湾では規模は小さくなります(下写真参照)。

内湾サーフのデコボコの写真
内湾サーフのデコボコ

外洋サーフのデコボコの写真
外洋サーフのデコボコ

 砂浜の表面が規則的にデコボコしているということは、そこに何らかの波などの力が加わっている、ということです。ですから当然、その周辺の海の中には何かしらの変化があると推理しても無理はないです。

 私は変化に乏しい外洋の砂浜サーフでは、このデコボコを一つのポイントとして攻めます。外洋では、流れ込み・カレントはなかなか見つかりません。波が荒く規模も大きいので、波の払い出しも分かりにくいのです。波の変化はわかりにくいのですが、砂浜の表面の変化ならば一目瞭然です。

狙う人も少なく、サーフの至る場所にあり、かつヒットの確立もなかなかの、玄人向けポイント

 多くのアングラーは、カレントや払い出しで投げることばかり考えているので、デコボコしている所周辺は攻めずに通り過ぎます。私は他のポイントが混雑しているときは、デコボコしている所や、風が他より強く当たる所などのマイナーポイントを攻めます。

 成果ですが、気持ちさえ保てば、回遊待ち伏せのポイントとしてもいいくらい多くの実績があります。昼間のシーバスフィッシングで、カレントや流れ出しと同じくらいシーバス・マゴチがヒットしていることを考えれば、有望ポイントとして認識してもいいと思います。

 ルアーの巻き方、トレースの仕方に法則はありません。デコボコしているところを見つけたら、その周辺はしらみつぶしにルアーをトレースしてみましょう。マゴチがよくヒットするからと言って、ワームやソフトルアーを投げることも無いでしょう。シーバスが本命ならば、フローティングミノーのただ巻きで対応できます。

 このデコボコポイントですが、外洋サーフではいたる所に見られます。そして、デコボコの一つの山が大きめです。ですから、外洋サーフはポイントだらけだとも言えます。いたる所がポイントなのです。

 内湾サーフでは、地形の特徴が小刻みなので分かりにくい所があります。しかし波などのエネルギーが小さい分変化も小さいため、それらの変化を見逃さない観察力が必要です。

 難しいことを言いましたが、要は少しの変化があればルアーを投げてみるながいいということです。

 投げるものは救われる。少しでも変化があったら、最低でもルアーを5回は泳がせてほしいです。