トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!>サーフでのシーバス・ルアー講座~大きいサイズのルアーで挑む

サーフでのシーバス・ルアー講座~大きいサイズのルアーで挑む

サーフのシーバスフィッシングでルアーを選択する時に悩む要素の一つ、「ルアーのサイズ」について、管理人や先輩アングラーの経験をもとに説明していくページです。

サーフのシーバスフィッシングでのルアーサイズの選択のキーワードは、「大きいものを選んで、より遠くへ、より目立って」です。

大きいサイズのルアーを投げる理由とは?

 私がルアーを選択する時は、サイズにこだわります。・・・と言っても、砂浜で泳いでいる魚に合わせるわけではありません。あんまり、マッチ・ザ・ミノーにはこだわらないと思います。サーフにはいろんなベイトフィッシュが居るからです。

 自分が今釣っているサーフ内の小魚たちには、いろいろな大きさの魚がいるはずであり、その差はかなり違います。

 ルアー選択時の2センチやそこらの違いは大差がないと思います。少なくとも自然界の中では。

 ならば私は、キャスティングしやすい大き目のルアーの方を好みます。私の主力ルアーサイズは内湾サーフなら12~14センチです。外洋サーフでは14~17センチと、一段と大きくなります。

 これくらいのサイズのほうが、キャスティングがしやすいからです。広大なサーフで9センチのルアーを投げていても、なんかちっぽけで頼りない感じがします。

 キャスティングの問題さえなければもっと大きいルアーの方が良いくらいです。重心移動タイプが無い時期は、私は『バングオー』・ 『BOMBER(ボーマー) ルアー ロング A B15AXSICH』 などの20センチクラスの大きいルアーで成果を出していました。

 重心移動タイプのロングディスタンスミノーが出てくると、それらのクラッシクルアーはなりを潜めました。私も今は重心移動タイプのルアー愛好者になってしまいました。

 私が特に愛用している十八番ルアーは、ダイワ精工のショアラインシャイナーR50でした。このルアーは一時期生産が中止となってしまいました。しかし最近 『ダイワ(Daiwa) ルアー SLS SL170F』 が出ました。サイズは17センチ。スリムなボディーなので、活性が低いシーバスでも十分使えるビックミノーです。カラーは、昼用としてカタクチイワシ、夕方用としてゴールド系、夜用としてレーザーレッドヘッドが良いと思います。

 ちなみに、以前愛用していたショアラインシャイナーR50は、サイズは12センチと大きくないのですが、内蔵されている重心の動きが重々しくて重力があるので、12センチルアーではトップクラスの飛距離だと思います。個人的には、R55も愛用しています。

ショアラインシャイナーR50と、R55の写真
パイロットルアー・ショアラインシャイナー

 なぜ私が大きいルアーにこだわるかと言うと、やはり大きさでビッグシーバスにアピールしたいからだ、と思うからです。

 しかし、それ以外にも大きな理由があります。以前、父親が釣ってきた89センチクラスのシーバスのおなかから、40センチ近くあるボラが出てきたことがありました。かなりの衝撃でした。そのほかの50センチくらいのシーバスのおなかから出てきた小魚も、皆20センチ近くありました。

 その結果を見て、小さいルアーならばより高い確率で釣れる、という考えを捨てました。実際、内湾サーフで14センチのルアーに30センチのシーバスがヒットしてきたことも何回もあります。

 目安として、狙うシーバスの大きさの4分の1くらいまでなら、十分過ぎるくらいアタックしてきます。あくまで目安であり、それよりも大きいルアーでも充分ヒットしてくると確信しています。

 ・・・シーバスフィッシングで釣果を出すには、まずシーバスに発見してもらわないといけません。そして、発見してもらうためには、ルアーサイズを大きくしてアピールするのも、有効な手段だと思います。

大きいサイズのルアーを投げる時の注意点

 ルアーサイズを大きくすることで生じる注意点もあります。大きいフックが魚体に与える影響は大きいので、リリース派(釣った魚を逃がす釣り師)にとっては気が引けるかもしれません。

 私は基本的に釣った魚を家に持ち帰るので、大きいフックを使うことに反対はしません。

 しかしバラしたくないからといって必要以上に魚を傷つけるのは嫌ですので、ルアーの泳ぎのバランスを崩さない程度にフックを小さくし、フック先端のバーブをプライヤーでつぶすくらいの配慮はします。

 このことを踏まえ、リリース派の人も、小さいルアーだけでなく、大きめのルアーを投げてみてはいかがでしょうか。

 砂浜で5センチのルアーを投げるのもいいですが、広大なサーフで豪快にビックルアーを投げる快感を味わってください。