トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!>サーフでのシーバス・ルアー講座:しっかり泳がせるのが極意

サーフでのシーバス・ルアー講座:しっかり泳がせるのが極意

サーフでシーバスをヒットさせるための最も重要な極意は、ジャーク等の変則アクションではなく「しっかり泳がせること」です。その理由を詳しく説明していきましょう。

最重要テクニックは、カラー選択・サイズ選択ではなく、しっかりと『泳がせる』こと!

 サーフでシーバスを釣る上で最も重要なことは、ルアーのサイズでもカラーでもないと私は確信しています。

 では何が一番大事なのか?それはズバリ、ルアーを「しっかり泳がせること」です。つまりルアーの動かし方・テクニックが最も重要なのです。

 何をあたり前のことを、と思っているかもしれませんが、サーフではルアーを泳がせることは意外と難しいのです。正しく泳がせる動かし方・テクニックは難しいのです。

 サーフのルアーフィッシングの定番セオリーである、超スローリトリーブに気を取られて、そのルアーが本来望まれている動かし方をさせていない人が意外と多いのです。

 ルアーさえしっかり動かせていれば、シーバスはそのルアーの魅力的な泳ぎに思わず口を使うでしょう。

 そのルアーの本来の動かし方たる泳ぎがなされていなければ、単なるプラスティックのオモチャが水面に浮いているのと同じです。興味を示すシーバスがいるかもしれませんが、アタックはしてこないでしょう。

サーフでしっかりと『泳がせる』ことは意外と難しい

 先ほど、サーフのシーバスフィッシングで、ルアーをしっかり泳がせるのは難しい、と書きました。なぜか?

 サーフの水面は、波の影響で盛り上がっては砕け、さざ波も立ち、とても騒々しいです。河口部や港湾部の釣りでは、波が無く、水面がジャブジャブしている程度です。サーフでは、その騒々しい波にルアーが翻弄され、うまく泳がすことが出来ないのです。加えて引き波や追い波も加わり・・・。

 ではどうしたらいいのか?有効な解決策があります。それは、波が砕けて水面がフラットになる瞬間に、その場にルアーをキャストし、なるべく平坦な水面上でルアーを泳がせるのです。

 ですから、波が砕けている瞬間はルアーをキャストせず、水面が穏やかな時に合わせてルアーを巻いてくる来ることを考えるのです。キャストする時のタイミングをつかむのですね。

 そして追い波の時は早めに巻いて泳ぎを止めないようにし、逆に引き波の時はゆっくりでも充分泳ぐので、ゆっくり巻くのです。

 巻いていると、ルアーを引く力がとても重くなるので、そういう時はゆっくり巻くのです。反対に、巻くのが軽くなった時は追い波にルアーが乗っているのサインなので、早く巻くのです。追い波の速さよりもルアーを巻く速度が速くなければならないので、巻く作業が大変かもしれません。

 サーフのシーバスフィッシングは、シーバスがあまりスレていないので、基本的にただ巻きの動かし方で十分です。しかし、正しい動かし方とは、あくまで常に正しく泳がせることです。メーカーがルアーを世に送りだす時に期待した動かし方を釣り場で再現すれば、ヒットの確率は高くなります。

 トゥウィッチだ、ジャーキングだ、と言うよりも、まずは『ただ巻き』でしっかりと『泳がせる』ためのテクニックを身につけましょう。それをマスターすることでサーフのシーバスは釣れるようになります。