トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!>サーフ・シーバスの奥の手?「ジグミノー」の使い方を知ろう

サーフ・シーバスの奥の手?「ジグミノー」の使い方を知ろう

サーフ・シーバスのルアーフィッシングの奥の手として使われるジグミノーについて、その有効な使い方を解説するページです。

圧倒的な飛距離と、ミノーに負けない泳ぎで、昼のサーフの切り札と言われるジグミノー

 サーフのシーバスフィッシングで奥の手といわれるジグミノーですが、私はかなり苦手なのです。

管理人愛用のジグミノー
管理人が主に使用しているジグミノー

 切り札として使っても、シーバスよりほかの魚が釣れてしまいます。今まで釣れた魚は、マゴチ・メッキアジ・タチウオ・クロダイなど・・・様々です。

 沖の魚を狙っての釣りですので、多くの場合は沖にいる魚が釣れてしまいます。

 海がシケ気味の日に使うのですから、ひょっとしたら近場にいるシーバスの目に留まっていないのかもしれません。シーバスは海がシケ気味の日は岸のかなり近場にいるのだからでしょうか?

 私はシケ気味の日は、沖にルアーを飛ばさなくともシーバスはミノーの届く範囲内で回遊していると考えています。ですから泳ぎのリアルさで分のあるフローティングミノーを投げない選択はしないのです。

 実際、サーフ上でジグミノーで成果を出しておられるアングラーの方を見ます。ルアーの特性をつかみ、適度なリトリーブスピードを保てるアングラーの方ならば、強力なツールとなるでしょう。

 何と言っても、かなり沖を攻めることができるのです。私はシーバス以外の魚攻略に主に使っていますが、ジグミノーを専門で使っておられる方は、自作のジグミノーを何本を持ち込み、シーバスを釣るための細かいパターンを構築されておられます。

 私はフローティング・ミノーばかりですので、ここでジグミノーを語る資格は無いかもしれませんが、私もまったく釣ったことが無いわけではないので、自分なりに書かせていただきます。

サーフでのジグミノーの使い方

具体的な使い方

 前掲の写真は、私がジグミノーを使うときに選んでいるルアーです。基本的には写真中の下のルアーであるマリアオフィス社の 『オンデオンダ』 を使用します。

 ルアーの後ろにブレードがついた上のタイプのジグは、日中のシーバスにアピールしたい時に使います。しかし、引き波の抵抗がキツくて、長時間泳がせ続けるのは大変です。

 これら二つは、海がややしけて波のブレイクラインが遠い時、なるべく飛距離を稼ぐために使います。ジグ独特のアピール力と飛距離で、シケの場面では活躍してくれます。内湾の根のないサーフにて広範囲に探るときにも使います。シーバスよりも、むしろマゴチ・ヒラメ・クロダイのほうが良くかかります。

 ジグミノーの巻き方はただ巻きです。普通のメタルジグと違い、ストレートに引いてくるだけでもしっかり泳ぎます。その点も非常に心強い。集中力が続くのです。引き波の抵抗も受けにくいです。

注意点

 写真下のジグミノーを使う時の注意点についてです。それは、ラインを直結で結ぶとジグミノーの泳ぎが干渉されるかもしれませんので、回転のいいボールベアリング付きの ストロングスナップを使用した方がいいということです。

 最初にジグミノーにクロダイがかかったときは本当に驚いたのですが、頻繁にかかったので、意味があるのでしょう。ベテランアングラーは、「悪食だが、口の小さいクロダイには食べやすいターゲットなのでは」と予想されておられました。なかなか頷ける仮説ですね。

 クロダイはともかく、マゴチ・ヒラメなど多くのターゲットがアタックしてくるジグミノー、正直侮ることは出来ません。

 私は主にシケのサーフで投げますが、ベタ凪のサーフでフラットフィッシュを狙い撃つには有効だと思います。また多くの成果を出したら、皆さんに報告したいと思います。