トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!>サーフのシーバスポイント開拓講座:有望サーフの特徴・条件

サーフのシーバスポイント開拓講座:有望サーフの特徴・条件

「サーフのシーバスポイント開拓講座:有望サーフの特徴・条件」のアイキャッチ画像

サーフの新規のポイントを開拓するうえでの、指針を示すページです。

「○○○だから釣れる」という直感やポリシーは、各釣り人ごとに違っているのが一般的です。シーバスフィッシングにおいてもその傾向は変わらないと思います。各アングラー(釣り人)ごとに、「釣れる」と思う、もしくは予感する条件は違うものです。

このページでは、絶対的な釣れる条件を振りかざすより、各人が持っている「釣れる条件」を重視し、その条件に沿ったサーフでまずロッドを振ってみることを推奨します。

やはり、己の経験から導かれた直感に従ってポイントを開拓する方のが、集中力も維持できるからです。そして何より、その方が面白いのです。釣れた時の喜びも、比べものにならないくらいうれしいのです。

当ページで示す「有望サーフの特徴・条件」なるものは、あくまで私自身の経験から導かれたものです。参考程度までにしていただけたらと思います。

「サーフのシーバスポイント開拓講座」を読むような人は、もはやかなりのベテランであると思います。皆さんが各自の経験をもとに有望条件を見いだし、開拓ポイントで喜びの雄たけびをあげることを願っています。

あなたの中で「・・だからシーバスが釣れる」という条件を挙げ、それを一つでも満たす場所を攻めてみる

 新たなサーフのシーバスポイントを探す時、私が注意する点を述べていきたいと思います。

 シーバスは回遊性の魚であるため、全ての砂浜・サーフ・海岸線がポイントなると言ってもいいでしょう。しかし、自分の心の中で「ここ本当に魚いるのかな」と思うようなポイントでは、なかなか結果が出るまで粘ることは出来ないでしょう。

 自分の中でシーバスが釣れるポイントの条件をピックアップし、その条件を多く満たすポイントを探してルアーを投げていた方が、精神衛生上いいはずです。

 ですから、まずは今貴方が通っているポイントで、「~だからシーバスが回遊して来て、ヒットする」という理由をいくつか挙げ、頭にインプットするのです。

 そして、ピックアップした条件をひとつでも満たすようなポイントを探し、リストアップし、その中から最もいいと感じたポイントにチャレンジするのです。

 非常に感覚的な作業だと思います。あなたが挙げたポイントの中には、全く無名のポイントもあるかもしれません。しかし憶することはありません。シーバスのルアーフィッシングが盛んになって開拓されたニューポイントはたくさんありましたから。今度はあなたが一番手になってしまえばいいのです。

 参考までに、以下で、私が考える「~だからシーバスが回遊して来て、ヒットする」理由を挙げてみたいと思います。

管理人の「有望サーフ」の特徴・条件

 ここで、私の考えで恐縮ですが、私が「釣れる」と思う条件を以下に挙げてみたいと思います。私はポイントを開拓する時、以下の条件を一つでも満たす場所をとりあえず攻めてみます。

  • ポイント周辺の地形が海に出っ張っていて、潮通しがいい砂浜サーフ
  • ピンギス・メゴチ・ゼンメ(ヒイラギ)・ハゼなどがそこそこ釣れる砂浜サーフ
  • ボラがピョンピョン跳ねている砂浜サーフ
  • 餌釣りで、セイゴ(15㎝位の小型のシーバス)が釣れる砂浜サーフ

岬状に突き出ていて(ほんの少しでもいい)、潮が動いている時間帯に海面に流れを感じることが出来る砂浜なら有望です。私の経験で、このようなサーフには、多くの栄養分が流れているため、小魚も集まり、結果シーバスも回遊してくるのです。

現地リサーチ時の写真
管理人が思う「有望サーフ」の特徴・条件

 ピンギス等の小魚が釣れている砂浜は要注意です。ピンギス等がチョイ投げで釣れる砂浜は、波打ち際周辺にフィッシュイーターたるマゴチ・ヒラメがいるからです。シーバスも望みが高いです。このような夢のポイントは、内湾の海水浴場に多く見られます。海水浴シーズンを外して狙ってみるといい思いが出来ます。

 ボラのピョンピョン跳ねる砂浜も有望です。ボラは「一跳ね千匹」と言われるほど、群れで行動する魚です。ボラが頻繁に跳ねるということは、非常に多くのベイトフィッシュたるボラがいる、ということです。シーバスは必ずボラの群れについている、というのが私の信念です。是非とも挑戦してみてください。

 最後に、セイゴの釣れるポイント。セイゴが餌釣りで釣れる、ということは必ずビックシーバスもいるということです。シーバスはヒラメのように、小物と大物の住み分けがはっきりしているわけではありません。また、非常に行動範囲の広い魚ですので、セイゴいるところ必ずスズキ(ビックシーバス)あり!なのです。

 いかがでしょうか。私の考えも参考にしつつ、あなたの持論をひっさげて、夢のマイポイントを探し当てて下さい。

「サーフのシーバスポイント開拓講座」コーナー:ページ一覧