トップページサーフのシーバスフィッシング講座開講中!>サーフのシーバスポイント開拓講座:開拓に役立つ道具

サーフのシーバスポイント開拓講座:開拓に役立つ道具

「サーフのシーバスポイント開拓講座:開拓に役立つ道具」のアイキャッチ画像

サーフのシーバスポイントを開拓する時に使うアイテム・道具・本等を紹介するページです。

釣り情報誌や、有名ショップの情報だけに頼ると、自由奔放な発想に基づくポイント開拓をすることが難しくなります。サーフのシーバスポイントを開拓するためには、既存の情報や常識が、大きな足かせとなってしまいます。

ただでさえ釣れる確率が低く、集中力の維持が難しいのです。開拓中のポイントは、「本当に釣れるのだろうか」という不安と戦わないといけません。そのようなときに、元からある情報源をメインに判断していては、気持ちを保つことができません。

まっさらな情報源から釣れそうな場所を見つけ出し、現地で実釣を重ね、釣れる、釣れないも含めた結果を出す・・。その作業は大変楽しいものです。きっと己のシーバスフィッシングの技術が大いに向上するでしょう。

このページでは、ルアー情報誌以外の情報源を使ってポイントを探す方法を説明します。

ポイント開拓の時に参照にする情報源・ツールは、「地図・エサ釣り情報誌・現地リサーチ活動」

 サーフのシーバスポイントを開拓する際に私が参照にする道具・情報を紹介したいと思います。

 ポイント開拓をするとき、釣り具屋の情報やルアーショップの情報を参照にするのがいいのでしょうが、それらの店の情報は有名ポイントの情報が多いのです。

 このカテゴリーでは、新規ポイントの開拓です。新規ポイントは当然超マイナーポイントです。まず情報は得られないでしょう。ですから、ショップと仲良くなっても厳しいでしょう。

 では私は何を参照にしているのか。私の参照にしている情報源は以下のものです。

  • 空撮で釣り場のポイントを紹介する釣りポイン情報誌
  • 「グーグルアース」と一般の道路マップ
  • 月刊エサ釣り情報誌
  • 現地リサーチで得た情報

 これらの情報源は特別なものではなく、どこにでも手に入るものです。そして各情報源には長所もあれば短所もあります。それを踏まえ、各情報源について詳しく触れていきましょう。

空撮で釣り場のポイントを紹介する釣りポイント情報誌

 空撮で釣りポイントを紹介する釣り情報誌は、新規ポイントを探す上で最も強力な味方となってくれます。この手の情報誌は、空撮の写真が鮮明で近撮されているため、潮の流れ・砂浜の深さまでわかってしまいます。また、そのポイントで釣れるベイトフィッシュですら記載されています。

 アングラーが砂浜サーフで得たいと思う情報を上から一網打尽なのです。もしあなたが開拓してみたいと考えている地域を守備範囲に入れた空撮釣りポイント情報誌が発行されているならば、迷わず「買い」でしょう。

 以下に挙げているポイントの空撮写真集は、各地域ごとに細かく分けられています。あなたが開拓したい地域の写真集を買って、ポイント発見の参照にすると良いでしょう。私自身、空撮シリーズを車に持ち込み、ボロボロになるまで使い込んだ記憶があります。

「グーグルアース」と一般の道路マップ

 次の参照アイテムはグーグルアースです。貴方の目指すポイントの空撮釣りポイント情報誌が無い場合に有効です。

 グーグルアースには、そのポイントで釣れる魚を書いてあることはありません(当たり前)。また、場所によってはより細かい詳細写真が無く、役不足な場合もあります。しかし詳細な写真が載っているポイントは海中の状況まで見える場合もあり、ポイント探しの道具として実に強力です。

 グーグルアースが存在しない時代は、道路マップを引っ張り出して海岸線の地形をつぶさにチェックしたものです。海岸線の中から地形が突出した場所を探し出すのです。地形が突出した場所はおおかた潮の流れが激しく、シーバスも回遊してきやすいのです。今なお、グーグルアースとともに、普通の地図も参考にします(今はインターネット上に地図もあるので便利ですが)。

 グーグルアースは、無料でダウンロード出来てなおかつ最新情報です。また、そのポイントの写真が載っている場合もあるので、まだ行っても無いそのポイントのイメージが掴めます。本当に偉大なツールだと思います。皆さんも是非ともパソコンにダウンロードし、有効活用してください。

月刊エサ釣り情報誌

 次は月刊エサ釣り情報誌です。わたしの持論では、ルアーを極めるには、餌釣りの経験も必要だと考えています。餌釣りから学ぶことは非常に多いからです。

 餌釣りでは、キスやメゴチ・ハゼなど、シーバスのベイトフィッシュを相手にします。よって餌釣りを長くやっていると、どのようなポイントでどのベイトフィッシュが釣れるか経験で分かるのです。

 しかしルアーマンの多くはルアー一筋の方が多いです。ですから、月刊の釣り情報誌が役に立つのです。わたしのよく見る釣り情報誌には「釣り場データ」なるコーナーがあり、新規開拓ポイントで今釣れているベイトフィッシュが書かれています。投点何メートルで釣れているか、ですら書いてあります。これは情報が少しでも欲しいルアーマンにとっては美味しい情報です。私は毎月発行日には、情報を本屋に仕入れに行きます。

現地リサーチで得た情報

 最後に、現地に行って自分の目でサーチする、という方法です。この方法では、一般的に販売されている地図も使います。

 まず地図を見て サーフのシーバスポイント開拓講座:開拓における注意点 で挙げた留意点を満たすポイントの目星をつけます。

現地リサーチ時の写真
サーフで現地調査は、フットワーク重視

 後は自分の目で確かめに行くのです。実際にルアーを投げてみるのもいいでしょう。地元におじちゃんが近寄ってきて「兄ちゃん、そこ釣れないよ」というかもしれません。その時こそ大チャンスです。地元のおじさんに聞きたいことがあります。

  • そのポイントでセイゴは釣れるか
  • 何の小魚が釣れるか
  • シーバスの沖釣りポイントが近くにないか
  • 他にルアーマンは来ないか

 地元のおじちゃんに以上のことを聞くといいでしょう。セイゴが釣れることがある、という情報だけでも十分です。狙う価値はあるでしょう。

 私は新規ポイント開拓に行くと、とてもわくわくします。とんでもない大物が来る可能性があるからです。このページで述べた道具・ツール・アイテムは、私が新しいポイントで大物と巡り合わせてくれる大切なパートナーです。皆さんもこれらのパートナーを使って、思い思いのポイントで夢をかなえて下さい。

「サーフのシーバスポイント開拓講座」コーナー:ページ一覧