トップページお手軽「有酸素運動」で手に入れる健康ゆったり年金生活!>サイクルウェアのお金をかけないレイヤード~春・秋編

サイクルウェアのお金をかけないレイヤード~春・秋編

サイクルウェアは結構高価であり、各自転車ウェアメーカーの言うとおりのレイヤードを馬鹿正直に集めると、お金がいくらあっても足りません。

このページでは、昼・夜の気温の差が激しく、かつ気候の変動の多い春と秋に適したサイクリングウェアのレイヤードを最初に説明し、かつ、それらレイヤードに出てくるウェアをいかにしてお金をかけずにそろえていくかの秘訣を説明します。

極貧生活によるストレスを発散するためには、何かスポーツをしたかったが、自転車さえあれば、サイクリングは最も金のかからないスポーツだと感じました。春・秋は少し工夫を要しますが、ここで私が実際のサイクリングでつちかった工夫を説明します。

人によって、どのようなウェアで漕ぐかはまったく自由です。このページで、春・秋を快適に過ごすためのレイヤードの基本原則を理解し、あなたなりのレイヤードを構築しましょう。

春・秋のレイヤードを考えるうえで注意したい点

 初春と晩秋を除いて、穏やかな春と秋はサイクリングに最も適した気候だと言われます。しかしそれは気温だけの話です。春と秋の注意点は以下の点が挙げられるでしょう。

  • 曇りの日が結構多いので、雨の心配をしなければならない
  • 昼と夜で気温の差が激しい

 春と秋は、以上の2つの点を考慮してサイクリングウェアを選ぶことになります。

 レイヤードの基本は、昼間の気候に対応できる中核となるウェアを着て、夜の気温の低下に対してはウィンドブレーカーやレッグウォーマーなどの補助ウェアで保温対策をとる、ということです。「雨」と「補助ウェアでは防ぐことができない寒さ」への予備としてレインウェアを持っていくと完璧です。

 以下で、上半身のレイヤード、下半身のレイヤードについてそれぞれ詳しく見ていきたいと思います。

上半身のレイヤード

インナーウェア(肌着)

 気候が温暖で気温が高めであればいいのですが、いくら温暖だからといって日陰の場所や風が強い場所では寒さを感じます。よって普通のスポーツTシャツよりも、ヒート素材系の半袖シャツがいいと思います。

 私は寒がりなので、春・秋でもヒート系素材のTシャツを着用します。もちろん素材は吸汗速乾性です。お金をかけないコツとしては、普段着としても着られるような色を選ぶこと。ネクタイをして働いている方は白色のシャツを選びます。そうすれば、サイクリング時だけしか使えないウェアにお金を投じる行為を、相方に批判されることもないでしょう。

 サイクリングに適したウェアをお金をかけずにそろえる方法 でも触れましたが、今ではスポーツデポ・ヒマラヤなどのスポーツ用品量販店から、オリジナルブランドとしてこれらの機能素材系のヒートインナーが安価に発売されています。有名スポーツメーカーのインナーウェアに比べて半額に迫る勢いです。

 サイクリングを始めたばかりで予算をいろんな物に使わざる得ない場合は、これらのプライベートブランドのインナーウェアを検討してみるといいでしょう。私もスポーツデポのインナーウェアを愛用しています。

インナーウェアの上に着るウェア(ミドルインナーウェア)

 インナーウェアの上に着るものとしては、長袖のスポーツTシャツ・長袖の山シャツ・長袖のサイクリングジャージがいいと思います。

 のんびりとサイクリングを楽しみたい方は、長袖の山シャツをお勧めします。そしてサイクリングをスポーツとしてとらえている方は、やはり長袖のサイクリングジャージを勧めます。

(パールイズミ)PEARL IZUMI 9332BL シティライドウォームジャージ 9332BL 8 杢グレー L

 山シャツもサイクリングジャージも、後で紹介するクォーターパンツとコーディネート的にも合います。特に山シャツは普段のカジュアルチェックシャツと見た目的にも変わらないため、観光施設やショッピングしながらのサイクリングに最適です。両方とも、袖の長めのものを選びたいです。ドロップハンドルの自転車に乗る時、手首が出て寒い思いをしないためです。

 パタゴニアやノースフェイス等の有名アウトドアメーカーの山シャツは、非常に高価(10,000円前後!)ですが、プライベートブランドの山シャツは有名メーカー山シャツの半額以下程度です。昨日的にも、自転車で使う分には何の問題もありません。山シャツ購入を考えている方は、プライベートブランドのあるアルペン、ゼビオスポーツ、スポーツオーソリティに足を運んでみてはいかがでしょうか?

一番上に着るウェア(アウターウェア)

 春と秋は昼間の気温が高い時が多いとはいえ、やはり日が落ちると急に寒くなります。その状況下で風が強くなるものならば、なお一層寒さを感じるでしょう。

 そこで大活躍するのがウィンドブレーカーです。ウィンドブレーカーは文字通り風を防ぐものですが、その保温性能は意外に高いものがあります。

 春と秋のサイクリングはレインウェアを携帯していると安心なので、そのレインウェアの上を、ウィンドブレーカー代わりにすることもできます。お金に余裕がなくてウィンドブレーカーを買っている余裕がない場合、レインウェアは雨と風を防いでくれる、一人二役の強い味方となります。

(パールイズミ)PEARL IZUMI 3500BL ウィンドブレークジャケット 3500BL 25 ホワイト/ブラック L

下半身のレイヤード

インナーウェア(肌着)

 自転車メーカーから発売されているパッド付きのパンツを履くと、お尻の痛みが軽減され快適です。それらはストレッチが効き、かつドライ感を保つ素材で作られている場合が多いです。

 パッド付きのパンツも日々進化しており、ロードレースの選手が履いているレーサーパンツに匹敵する高性能のパッドを装備したインナーパンツもあります。しかし、のんびりサイクリングには一般的なパッド付きパンツで十分だと思います。

(パールイズミ)PEARL IZUMI 1593D 3Dメッシュインナーパンツ 1593D 2 ブラック L

 レーシング志向の強い方は、ズボンの下にレーサーパンツを履く、というのも一つの手です。レーサーパンツだけで走るのもいいですが、あのピッタリ感が苦手という方も多いので、インナーパンツを有効に活用したいです。

インナーウェアの上に着るウェア(ミドルインナーウェア)

 ひざ下までの長さのクォーターパンツを履きます。クォーターパンツはどんなメーカーのものでもいいですが、ストレッチが効く素材のものであるのが必須です。例え7分の長さであったとしても、ストレッチ性能が無ければペダルを漕ぐたびに突っ張る感じがし、サイクリングの快適さが半減されてしまうでしょう。

 ストレッチのきいたクォーターパンツは、意外とないものです。いろんなスポーツ店に行ってみてみるといいでしょう。自転車メーカーの出している専用パンツでもいいのですが、費用がかさみます。私は「ヒマラヤ」においてあったクォーターパンツを履いています。値段は2,000円だったでしょうか。

 クォーターパンツを選択すると、足首のからすねにかけては露出することになります。夜寒くなるときは、レッグウォーマーを使用し保温を図ります。それでも寒いときは、レインウェアのズボンを履いてしまいます。

(パールイズミ)PEARL IZUMI 418 レッグウォーマ 418 2 ブラック L

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

このカテゴリーの記事一覧