トップページお手軽「有酸素運動」で手に入れる健康ゆったり年金生活!>サイクルウェアのお金をかけないレイヤード~夏編

サイクルウェアのお金をかけないレイヤード~夏編

夏のサイクリングウェア

 夏のサイクリングは、青い空の下でレジャーに楽しむ人を横目で見ながらの、非常に楽しいものとなります。自由で開放的な雰囲気の中で自転車を漕いでいると、心の底から気分転換になります。

 しかしウェアを選び間違えると、やはり大きな苦痛を伴うシーズンでもあります。それは夏特有の、気温と湿度の高さに原因があります。気温と湿度の高さが、サイクリストの体温を上昇させ大量の汗をかかせ、紫外線の容赦ない攻撃を浴びせて体力を奪っていきます。

 よって、夏のサイクリングを快適にするためには、「暑さに伴う大量の発汗・強すぎる紫外線に対抗できるウェア」でなければなりません。

 そして夏のサイクリングウェア選びでも、必要以上にお金をかけないために中核たるウェアをそろえ、周年を通して使用できる補助ウェアをうまく活用し、不意の寒さと紫外線等に対応していきます。

夏のサイクリングの中核ウェア

 夏のサイクリングで中核となるウェアは、以下のものだと考えます。

 基本的には、以上に挙げたものをそろえ、後で紹介する補助ウェアを少し加えれば、夏のサイクリングは十分に対応できます。そういう意味で、ウェアについては非常に気軽なシーズンと言えるでしょう。サイクリング初心者の方には、取り組みやすい季節と言えます。では、各中核ウェアを選ぶ際のアドバイスをしましょう。

吸汗速乾のTシャツ

 夏のサイクリングの基本的な上半身ウェアは、やはり吸汗速乾機能を備えたTシャツでしょう。

 綿100%のTシャツと違って汗で濡れても必要以上にベトつかないので、夏のサイクリングでは必ず必要だと言えます。

 現在は、スポーツ用品店・イオンなどの大手小売り店・大手ホームセンターなどで1,000円前後で発売されています。デザインや柄にこだわらなければ、とても安価に手にできます。夏のサイクリングは汗のために吸汗速乾Tシャツであってもかなり濡れることになるので、着替えのTシャツを持っていくといいでしょう。そのためにも、2枚は用意したいですね。

 ここで夏に選ぶべきTシャツについて、自分なりの条件を挙げておきたいと思います。

 まずは、丈の長いTシャツであること。自転車は前傾姿勢(ロードレーサーやマウンテンバイクなどのスポーツ自転車に乗車時)になるため、丈の短いTシャツだと、背中が出てしまう場合があります。背中が出てしまえば、日焼けなどの問題も発生するし、何よりカッコよくありません。女性の場合ですと、特に気になってしまうでしょう。可能ならば店頭で試着をし、前傾姿勢をとって背中が出ないかをチェックするのもいいですね。

 次に、素材がポリエステル地のような化学繊維であるのが明確なものであることです。機能素材の中には、綿シャツのような柔らかさを売りにした、綿と化学繊維の混在商品も多く存在します。しかし大量発汗時において速乾性・サラサラ感で化学繊維100%の素材に比べて劣ります。綿と化学繊維の混在商品は、デザインも素敵で日常生活においては大変魅力的です。しかしサイクリング時は快適性のためにも、機能に徹した商品を選ぶのがいいでしょう。

ストレッチの効いた、ハーフパンツ

 ボトム(下半身)ウェアにおいて実に重要なのが、ストレッチの効いた機能素材のハーフパンツです。

 気温の高い状態では、脚部も上半身と負けないくらいしっかりと汗をかきます。その状態でペダル運動をし続けなければなりません。脚部が汗で湿った状態でもペダリングを妨げないためのウェアとは、ウェア自体が伸縮性があり、かつ汗でもベトつかない素材を使用している、という条件を備えたウェアだと言えます。

 店頭で探してみるとわかると思いますが、カーゴパンツ風のハーフパンツは、機能素材であってもストレッチが効くものは少ないのです。しかし少ないからといってストレッチの効かないハーフパンツを選ぶと、ペダリング時に窮屈さを感じることになります。夏の暑い中、気温に加えて窮屈感まで味わうのは耐えられません。

 ストレッチ性と機能性を備えた商品が店頭に無い場合は、オールスポーツ用のハーフパンツでしのぎます。カジュアルライクさはなくなりますが、快適性においては軍配が上がります。でもやはり、サイクリングの楽しみが道中の様々な場所に立ち寄ることを考慮すると、カジュアルライクなハーフパンツを用意したいですね。

 私は家の近くのスポーツ用品量販店で、その量販店のオリジナルブランドたるカーゴパンツ風のハーフパンツを使用しています。値段は2,500円でお手頃でした。他スポーツの商品を流用もできるので、経済的にも助かります。

自転車パット付きのインナーパンツ

 夏のサイクリングの中核ウェアの最後は、自転車パット付きのインナーパンツです。長時間のサイクリングによるサドル設置面の痛みを和らげるためには、パット付きのパンツは実に有効です。

 上の写真は、パールイズミ社の自転車パット付きのインナーショーツです。これを上述したハーフパンツの下に履いてサイクリングに出ます。向かって左のパンツが、やや高級なパッドが付いた商品、右のパンツが、一般的なパッドがついた商品です。普通のサイクリング・ポタリング程度でしたら、右の商品で十分だと思います。

 現在は、インナーショーツにもメッシュ素材のものが当たり前となってきました。夏のインナーとして、実に魅力的です。しかし私はメッシュ素材ではない普通のものを使っています。それほど不便さは感じてません。

 サイクリング用のインナーショーツは、機能素材であり、かつ伸縮性に富む商品ばかりなので、一度購入してその快適性を味わってください。

中核ウェアの合計金額の一覧図
中核ウェアの合計金額は?

夏のサイクリングのための補助ウェア

 夏のサイクリングの補助ウェアとして、ゆっくりとそろえておきたいものがあります。これらの補助ウェアは、他シーズンのサイクリングでも流用できるため、機会を見て少しづつ集めていくと良いでしょう。少しづつそろえていく楽しみも味わえます。あると便利だと思うのは、以下のものです。

  • レインウェア上下
  • UV防止用アームカバー
  • ニーウォーマー
  • ベスト

 レインウェアは、夏の不意の雨の時に役に立ちます。また寒い時にはジャケット代わりにもなります。

 UV防止用アームカバーは、日焼け対策はもちろんのこと、腕が寒いと感じる時にサッと覆うことができる便利な防寒グッズとなります。膝丈までのニーウォーマーも、脚部が寒い時に有効です。

 ベストは、風が強い時で腹部を冷やす懸念がある時、効率よく腹部だけを保温できます。腕の部分が出ているため、必要以上に暑さも感じません。

 補助ウェアは、自転車という趣味にかかるウェアの投資代を抑える効果があります。まず中核ウェアをそろえ、暑さの中で不意に訪れる寒い局面を、経済的に手軽に補いましょう。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

このカテゴリーの記事一覧