トップページお手軽「有酸素運動」で手に入れる健康ゆったり年金生活!>ポタリングにマッチした服装をお金をかけずにそろえる方法

ポタリングにマッチした服装をお金をかけずにそろえる方法

ポタリング時のスナップショット

よりのんびりと自転車で散歩する志向たる「ポタリング」。

とても手軽で楽しくて、管理人最大の趣味の一つです。しかし意外と、自分なりの快適な服装にたどり着くまでには、結構時間がかかってしまいました。

普通のサイクリングであれば、競技用のウェアを流用すればいいのですが、少し大げさで寄り道しづらいですし、値段もかかってしまいます。

当ページは、お金をかけないでポタリングにマッチした服装をそろえるための知恵を紹介するページです。このページを読んでさっさと服装をそろえてしまい、今すぐにでもポタリングに出かけましょう。

きっとあなたの身近な場所で、気づかなかった感動があるでしょう。

ポタリングにマッチした服装とは?

 ポタリングは、以下の点に特徴があります。

  • 寄り道が多い
  • 自転車が必ずしもスポーツバイクで行われるわけではない

 ポタリングは「自転車散歩」とも表現されるので、競技用のウェアだと気軽さを損ね、かつ寄り道がしにくくなります。あの気合が入った格好では、なかなか店にも入りづらいでしょう。

 上記のポタリングの特徴を受けて考えられる服装とは、「普段着とほとんど変わらぬ外見であるが、伸縮性と速乾性に優れた服装」ということになるでしょう。以下で説明していきましょう。

上半身のレイヤード

 機能素材で保温性のある長袖のインナーウェアを一番下に着ます。インナーウェアが保温性があるものであるかそうでないかで、大きく体感温度が変わってきます。今は各メーカーから多くの「ヒート素材」のインナーウェアが出ています。

 その上に、長袖のサイクリングジャージ、または長袖のスポーツシャツを着ます。それらのものは完全に薄手のものであることを避けなければなりません。特に通気性の良いものは長袖であっても半袖であっても防寒性には乏しいため、なるべく暖かめのものを選びたいです。そして袖の長さに本当に注意してください。冬・初春・晩秋は袖が短くて肌が露出すると、必要以上に寒さを感じてしまいます。寒い時期のウェアを選ぶときは、機能素材・伸縮性あふれる素材であることはもちろんのこと、保温性と袖の長さに注意したいです。

 そして寒い場合はウィンドブレーカーで保温をします。北西の季節風が吹き始めるこの時期は、風を防ぐだけでかなり暖かさを感じるようになります。それでも寒い場合は、雨の時に備えて携帯するレインウェアを、防寒服代わりに着てしまいます。この時期はそれほど雨は降らないので、レインウェアは防寒としての意味合いが強くなるでしょう。

★ THE NORTH FACE(ノースフェイス) ロングスリーブウォームクルー男性用

下半身のレイヤード

 基本的には長ズボンがいいでしょう。吸汗速乾性に優れ、ストレッチ機能のある長ズボンがいいでしょう。長ズボンの欠点として、すそがチェーン部分に巻きつく懸念が考えられます。その場合はすそにゴムを通して「作務衣」化するなどの工夫をします。また、ゴムバンドですそ部分を縛るのもいいでしょうね。私は作務衣化を勧めます。

 長ズボンの下にはパッド付きのインナーパンツを履きます。

★ Rumax10分丈サイクルパンツ (L)

頭部・手・足先などのレイヤード

薄手のニットキャップがいいでしょう。そして気温が暖かい時や日中のために、帽子とイヤーウォーマーを持っていきます。ニットキャップは「ワークマン」などの作業用品店でたくさん売っています。

手袋についても、防寒性能のある自転車専用手袋はたくさん売っています。パールイズミでは、外気温10℃、5℃に合わせて高価な手袋が用意されています。しかしそれらを揃えるのは大変なので、私は再び「ワークマン」で買った700円のフィット型防寒手袋を使っています。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

このカテゴリーの記事一覧