トップページお手軽「有酸素運動」で手に入れる健康ゆったり年金生活!>サイクルウェアをお金をかけずそろえる方法

サイクルウェアをお金をかけずそろえる方法

真冬のサイクリング

サイクリングに適したウェア(サイクルウェア)をそろえることは、サイクリングを快適にするための重要なポイントです。

サイクルウェアは、「吸汗速乾・ストレッチ・かさばらない」が基本です。これらのキーワードの意味を、当ページで説明します。しかし、各自転車メーカーが発売しているサイクルウェアをなんのためらいもなく一式そろえると、自転車一台が変えてしまうくらいの金額が必要になってしまいます。それでは多くの人は気軽に始めることができませんね。

そこで、このページでは、サイクリングウェアの選び方と、お金をかけずそろえる方法を説明します。極貧生活中でもサイクルウェアに困らなかった私の、サイクルウェアをそろえるための知識を紹介します。

ウェアはさっさとそろえて、レッツ・サイクリング!レッツ・トラベル!車で見ることができないような世界が待っています。

サイクリングウェアは、「吸汗速乾・ストレッチ・かさばらない」が基本

 サイクリングをする時にどのようなウェアを選ぶかは、非常に重要な要素です。結構長時間に及ぶサイクリングの時間を快適にするか否かを決定するほどです。

 サイクリングは、誰もができる非常に手軽で楽しいスポーツ・レジャーだと思います。しかし、サイクリング環境は意外と過酷です。見た目によらず汗をたくさんかくし、その状態で常に風にさらされます。雨も防げません。外気温の変化に対してエアコンなどの便利な機能も当然ありません。

 そのような過酷な環境を少しでも和らげ、サイクリング時間を快適にするにはどのようなウェアを選んだ方がいいのか?以下で大まかに挙げてみます。

  • ストレッチが効くなど伸縮性があり、上着であれば袖が長めのものであること。
  • 吸汗速乾性の機能素材であること。
  • かさばらないものを。冬用ならば、かさばらないで保温性のあるものを。

ストレッチが効くなど伸縮性があり、上着であれば袖が長めのものであること。

 サイクリングは、前傾姿勢でペダルを漕ぐために足を上下する運動です。その時、ズボンがきつく伸縮性の無いのもだったらどうでしょうか?ズボンが張ってしまってペダリング動作が窮屈になり、ペダルを漕ぐことが苦痛になります。一日がかりのサイクリングでは、一日何千回、何万回もペダルを回し続けます。漕ぐ動作に不必要な気遣いをしないためにも、伸縮性のあるズボン、ストレッチのきくズボンは必須中の必須です。

 この経験は、普段の生活の中にも活きています。私は日常生活で車をほとんど使わず、シティサイクル自転車(ママチャリ)で生活しています。ですから通常に履くズボンも、ストレッチの効くGパンを履いています。最近のジーンズメーカーからは、ストレッチの効く商品がたくさん出ているので非常に助かります。汗をあまりかくことがない真冬には、快適ジーンズの影響もあってママチャリでサイクリングに出かけることもあるくらいです。

 上着についても同様に伸縮性のあるものを選びます。前傾姿勢を取るのであれば、自然と手も前方に伸ばすことになります。その場合、上着にストレッチが効いていなくてに突っ張ってしまうと、前傾姿勢が快適でなくなります。体をのびのびと使えないと、特に冬は必要以上に気温による過酷さを感じてしまうでしょう。

 丈や袖が長めであることの必要性については、特に寒さが厳しくなってきた時に感じるでしょう。上着について袖が短いと、手袋と袖の間の部分で肌が露出してしまい、そこから気温を奪われることになります。意外と少し肌が空いているだけで寒さを感じるものです。ズボンの場合も同じです。ズボンの場合いたずらに丈が長いものは困りますが、丈が短いものでは寒く、かつ少し見栄えも悪くなってしまいます。

吸汗速乾性の機能素材であること。

 上着から下着まで、機能素材で作られたウェアを着るのも重要です。機能素材で作られたウェアとは何か?それは従来の綿100%の素材と違い、ポリエステルなどの化学繊維で作られた生地のウェアのことを指します。

 サイクリングはストップ・アンド・ゴー(止まったり進んだり)を繰り返します。坂道では激しい力を要し体温が上がり、一気に汗をかいてしまいます。下りでは漕がなくても進むうえ、自転車の進行速度が上がり冷風を一身に受けることになります。つまり、大量の汗をかいて、それが急に冷やされることになるのです。

 そのようなことが起こるサイクリング環境で綿100%のウェアを着ていては、汗が乾くのも遅いうえ汗でぬれたシャツがべったり体にまとわりついてそれが冷え、激しく体温を奪われてしまいます。夏ならまだしも、冬にの状況になったらとても長時間サイクリングなど出来ません。サイクリングどころか、体調を壊しかねないでしょう。

 機能素材のウェアならば綿100%素材のウェアに比べ、明確に速乾性とサッパリ感において違いを感じます。快適にサイクリングが続けられます。

 今はどこのメーカーも機能素材を取り入れてます。また、各プライベートブランドも吸汗速乾の機能素材ウェアを出しており、肌着に機能素材を導入するにおいては非常に手頃になりました。採りいれない手はないでしょう。

かさばらないものを。冬用ならば、かさばらないで保温性のあるものを。

 かさばらないウェアを選ぶことは、荷物をあまり積めない自転車での移動で非常に重要です。サイクリングは目的はどうあれ、自転車による移動にほかなりません。また、冬場に重ね着で防寒対策をするには、持っていくウェアが一枚一枚スッキリしていないと難しいです。薄いウェアを使った重ね着によるこまな体温調整をするのが、自転車においての上手な賢い着こなし方でしょう。

 ですから、その視点では、厚めのマウンテンパーカーなどは不向きとなります。持っていけません。この傾向は、荷物が積めないロードレーサー旅で顕著となります。

機能的なサイクリングウェアを、お金をかけずに一通りそろえるためのコツ

 さて、私をはじめとするあまりお金に余裕のない自転車人はウェアをどのように補うべきでしょうか?このページで最も言いたいことかもしれません。ポイントは以下の2つだと思っています。

  • 中核となるベーシックウェアをそろえ、後はしばらく補助ウェアでしのぐ
  • 肌着(インナーウェア)等にプライベートブランド等の商品を利用し、価格を抑える

 以下で各ポイントについて、少し詳しく見ていきましょう。

中核となるベーシックウェアをそろえ、後はしばらく補助ウェアでしのぐ

 自転車専用のウェアは非常にたくさん出回っています。これらのものをメーカーの言うとおり馬鹿正直にそろえようものならばいくらお金があっても足りません。

 まずは基本となるウェアをそろえます。

 例えば、気温の高い時期であれば、吸汗速乾のTシャツと、半袖の自転車用ジャージ、そしてレーサーパンツでしょう。

 少し寒くなってきたときの対策として、レッグウォーマー、アームウォーマー、ウィンドブレーカーなどの補助ウェアを用意しておきます。

 また、気温の寒い時期用として、ヒートテック仕様のあったか機能素材インナーウェアを用意し、外気温10度用のウィンタージャージ、そして同じ気温用の自転車専用タイツを買っておき、あとはまたウィンドブレーカーや薄手のフリース等で対応します。

 細かい温度設定に従ってウェアをそろえることは、快適なサイクリング環境を得る大きな要素です。しかし、それではお金がいくらあっても足りません。ですからしばらくは補助ウェアで補いながら、余裕ができたら買い揃えていきます。

肌着にプライベートブランド等の商品を利用し、価格を抑える

 昨今の機能素材市場では、イオンやイトーヨーカドーなどの大型小売メーカーがプライベートブランドとして機能素材のインナーを発売し、それらは高機能かつ安価で、私たち消費者に機能素材の身近さを感じさせてくれています。

 「高機能」と書きましたが、それらの吸汗速乾性能は、一流スポーツメーカーが出すそれと比べても、見劣り無いと実感しています。

 店頭に行ってしっかりと試着をし、体にあった着やすいものであれば一回試してみるといいでしょう。

 肌着たるインナーウェアをプライベートブランドでそろえるだけでも、大きくウェアをそろえるうえでのお金を節約できます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

このカテゴリーの記事一覧