トップページ > 老齢年金の仕組みを知る > 安心な年金生活の第一歩!「老齢年金の全体像」を知ろう

安心な年金生活の第一歩!「老齢年金の全体像」を知ろう

定年後の年金生活を支えるメイン収入たる老齢年金。安心な年金生活のために、その仕組みを知ることは重要です。このページでは老齢年金を知るための基本たる、老齢年金のおおまかな制度の内容を説明します。全体像をつかみ、制度理解の基礎としてください。

今まで働いていた場所によってもらえる年金が変わってくる日本の年金制度

老齢年金制度のおおまかな構造

 老齢年金に限らず日本の年金制度の仕組みは、2階建ての制度を基本にしています。

 老齢年金については、年金をもらうことが出来る人皆に支払われる『老齢基礎年金』が土台にあります。

 一般会社でサラリーマンとして働いていた人には、老齢基礎年金に『老齢厚生年金』が上乗せされます。上乗せされた老齢厚生年金にさらに、その事業所が厚生年金基金に加入しているなら、『厚生年金基金』がさらに上乗せ支給されるのです。

 公務員・私学教職員として働いていた人には、老齢基礎年金に『退職共済年金』が上乗せ支給されます。共済年金の場合、厚生年金と違って、ほぼ一律に『職域加算』が行われます。よって共済年金制度に限っては、3階建てといってもいいでしょう。

年金の保険料

 年金の保険料は、国民年金・厚生年金・共済年金ごとにそれぞれ別個に払うのではありません。

 定められた保険料を払えば、老齢になった時は老齢年金が、障害になった時は障害年金が、遺族になった時は遺族年金が支払われるのです。

 年金の保険料は、会社員・公務員以外の人は『第1号被保険者』として、20歳以上60歳未満の期間は支払い続ける義務があります。

 会社員・公務員の人は、年金保険料は給料から社会保険料の一部として天引きされています。被保険者の種別名は、『第2号被保険者』です。

 会社員・公務員の配偶者は、片方の配偶者の扶養に入っていれば保険料を別途支払う必要はありません。片方の配偶者の天引きされた保険料だけで済みます。被保険者の種別名は『第3号被保険者』です。

制度間では不公平感あり?

 ・・・一階建てしかもらえない制度もあれば、3階建ての制度が当たり前の制度もある・・。一見すると不公平に見えますね。私的には、ハッキリ言って不公平だと思います。

 年金の財源が苦しいと言っておきながら、片方では身内たる公務員の厚待遇を改善せず、一般国民の支給年齢を引き上げたりしている・・・・。

 しかし現行の制度は悲しいかな、変えようがありません。ならばせめて現行の制度を理解して、もらうものはしっかりもらった方がいい、という事になります。

 ・・・それでは、以下で、各人それぞれの職業歴に応じて具体的に老齢年金の全体像を説明してみましょう。

具体例・この人の職業暦ではこうなる

 ここで、各人の職業歴の例を取り上げて、支給されるイメージを説明してみましょう。

 あくまで一般的な例です。特異な例は、また各該当ページで話していきます。ここはあくまでイメージを持っていただければ幸いです。

ケース1・自営業者としてしか働いたことのない人

 自営業としてしか働いた事がない人は、ずっと国民年金の第1号被保険者でしかなかったことになります。

 第1号被保険者でしかなかったということは、支払われる年金は基本的に老齢基礎年金だけという事になります。支払われる額は、満額支給で年額792,100円です。

 もしその方が国民年金基金に入っておられたのなら、老齢基礎年金に上乗せされて基金分が支給されることになります。

 年金が支払われ始める年齢は65歳になってからです。最大60歳まで支給開始年齢を早めることが出来ますが、額が少なくなるなどの欠点があります。

 このケースと同じになる人として、以下の例の人も挙げることができます。

  • ずっと専業主婦(主夫)で被用者年金の被扶養配偶者だった人。つまりずっと第3号被保険者だった人
  • ずっと専業主婦だったが、自営業者の配偶者だったひと。つまりずっと第1号被保険者だった人

 図で見てみると以下の感じとなります。

1号被保険者であった人の年金の構成図
1号被保険者であった人の年金は基本的に1階建て

ケース2・一般のサラリーマンなど、会社で厚生年金に加入して働いていた人

 会社で働いていた人は、一般的に厚生年金に加入していたハズです。給料から厚生年金保険料が差し引かれていたなら、加入しているでしょう。

 厚生年金に加入していた人は、老齢基礎年金部分に上乗せされて、老齢厚生年金が支払われます。

 老齢基礎年金は満額が年額792,100円なのに対して、老齢厚生年金は厚生年金加入中の給料の額によって変わっていきます。

 会社が厚生年金基金に加入していた場合、老齢基礎年金・老齢厚生年金にさらに厚生年金基金部分が加算されます。

厚生年金に加入していた人に支給される年金のイメージ図
厚生年金に加入していた人に支給される年金のイメージ図

 上の図は、正確に言うと、65歳から支給される年金の図式であります。生年月日によって、厚生年金の報酬比例部分・定額部分が支給開始される年齢が変わってきます。60歳前半のややこしい厚生年金の支給の仕組みを、『60歳前半の老齢厚生年金』とか、『特別支給の老齢厚生年金』などと呼んでます。

 その辺の詳細については、また該当ページで説明したいと思います。

ケース3・公務員、私学教職員として働いていた人

 退職共済年金も、基本的に厚生年金の場合と構造は似ています。老齢基礎年金をベースに、その上に報酬比例部分が上乗せされます。しかし共済年金には「職域部分」なる、3階建てとも捉えられる優遇措置?がなされています。

 厚生年金基金にも加算部分はありますが、それはあくまで基金に加入している事業所で勤めていた場合だけです。ほとんどの事業所は、基金に加入はしていないので、実質的には2階建てなのです。

 それに比べて共済年金は、共済年金というだけで確実に職域加算がされます。公務員試験に合格したというだけで享受できる利益としては、あまりに大きい利益です。

 老齢基礎年金しかもらえない第1号被保険者とは、あまりにかけ離れ過ぎた格差です。これを不公平と言わずして何と言おうか。

公務員・私学教職員として働いていた人に支給される年金のイメージ図
公務員・私学教職員として働いていた人に支給される年金のイメージ図

 上の図は、ケース2と同じく、65歳から支給される年金の図式であります。生年月日によって、共済年金の報酬比例部分・定額部分が支給開始される年齢が変わってきます。60歳前半の仕組みを、『60歳前半の退職共済年金』とか、『特別支給の退職共済年金』などと呼んでます。

 その辺の詳細についても、退職共済年金の該当ページで説明したいと思います。

このカテゴリーの記事一覧