トップページ > 老齢年金の仕組みを知る > 老齢基礎年金の『繰上げ』のデメリットを知ろう!

老齢基礎年金の『繰上げ』のデメリットを知ろう!

老齢基礎年金を繰上げすることは、年金が早くもらえる反面、多くのデメリットも生じさせます。

そのデメリットは、老齢年金制度の各知識と絡まって、少し理解しにくいものです。このページでは、繰上げすることによって生じるデメリットについて分かりやすい説明したいと思います。

老齢基礎年金の繰上げをすることのデメリットとは?

 老齢基礎年金は、本来65歳から支給されるものです。しかしそれでは、60歳で定年してからの生活費が困窮する人もたくさんいます。そんな方のために、老齢基礎年金の繰上げ請求の制度があるのです。

 制度の詳しい内容は、 老齢基礎年金の『繰上げ』・『繰下げ』の制度を理解しよう! を参照にしてください。このページでは、繰上げすることによって生じるデメリットに焦点を合わせて説明していきたいと思います。

 繰上げ請求をすることによって生じるデメリットは、主に以下のものが挙げられます。

 言葉で列挙してもなかなか分かりにくいと思うので、各項目ごとに以下で説明していきましょう。

各デメリットを、ここで理解しよう!

その1:繰上げ請求によって減額された額は、一生減額されたままである

 60歳から65歳になるまでの間に繰上げ請求をすると、請求した年齢に応じて、その人が65歳からもらうハズだった金額から老齢基礎年金が減額されることになります。

 では、その減額された金額は65歳で戻るのでしょうか?

 答えはノーとなります。繰上げ受給によって減額された老れ基礎年金は、一生涯減額されたまま支給されることになるのです。

 そうなってくると、「繰上げしないで65歳からもらった場合」と「繰上げして早くもらった場合」では、年齢を重ねた結果、ある年齢の時点で生涯受け取ったトータルの年金額が逆転することになります。

 その節目の時点を、財務諸表的な言い方で「損益分岐点」と名付けてみましょう。

 例えば65歳からもらえる老齢基礎年金を、60歳になった時からもらえるように繰上げ請求したとします。

 そうなると損益分岐点は、76歳あたりで逆転することになります。

 この現実をどうとらえるかです。繰上げ請求をしたために老齢基礎年金が生涯減額されたまま支給されるというのは、繰上げ請求による最大の欠点と言えるかもしれません。

 ・・・・しかし、老齢基礎年金を繰上げ請求して早めに年金をもらいたいと考える人もたくさんいます。

 早くもらいたい人の中には、生活費に困窮していない人もたくさんいます。

 体が動く元気なうちに少しでもお金を多くもらって趣味に使いたい・貯金の切り崩しの量を少しでも減らしたいという理由が多いのです。

 私の周りにも、老齢基礎年金を繰上げ請求して、セカンドライフのゆったりする時間を確保した方を知っています。

 老齢基礎年金の繰上げには、他にもデメリットがあるのでそれらも併せて検討して決めるのがよいでしょう。

その2:繰上げ請求をした後は、原則的に障害基礎年金は支給されない

 老齢基礎年金の繰上げ請求後に初診日がある障害で障害等級1・2級になったとしても障害基礎年金は支給されません。

 障害基礎年金の支給額は、障害等級1級で年額990,100円、障害等級2級で年額792,100円です。老齢基礎年金の満額は、年額792,100円であり、そこから繰上げで減額されたとなると、より一層少なくなります。

具体例

 例えば65歳から年額792,100円の満額の老齢基礎年金をもらえる人が居たとします。この方は繰上げ請求をして60歳から老齢基礎年金をもらいました。

 その場合、この方の年金額は年額554,400円まで減額されてしまう事になります。もしこの方が繰上げ請求後、障害等級1級に該当するような障害を負った場合でも、障害基礎年金は支給されません。

 その差は、990,100円と554,400円であり、大きな差を産むことになります。障害等級1・2級のような重度の障害を負った場合には、大きなデメリットとなります。

 では、なぜ老齢基礎年金の繰上げ請求をしたら、その後障害基礎年金がもらえなくなるのでしょうか?

 障害基礎年金には、もらえるための要件として、障害を負った場合の初診日が65歳前になければならない、という条件があります。

 繰上げ請求をしたことによって、年金受給上では65歳になったものとみなされるのでもらえなくなる、という理屈です。

その3:繰上げ請求をした後に遺族厚生年金の受給権が発生したら、65歳まではどちらかを選択しなければならない

 現行の国民年金法・厚生年金法では、65歳になる前では、老齢基礎年金と老齢厚生年金は併せて支給されません(65歳以上であれば併給されるのですが・・)。

 この場合、老齢基礎年金を繰上げ請求していた人が、遺族厚生年金をもらえる遺族になったとしても、併給されないのでどちらか一方を選択しないといけません。

 どちらか一方を選択するということは、どちらか一方が支給停止になる、ということです。

具体例

 繰上げ請求をすると老齢基礎年金が減額されますよね。しかし繰上げ後65歳になるまでの間に遺族厚生年金の受給権を得たら、恐らくそちらを選択受給するでしょう。なぜなら、多くの場合、遺族厚生年金の方がもらえる額が多いからです。

 そうなると、繰上げしてもらっていた老齢基礎年金は支給停止になります。65歳前は現行法では選択受給ですから。

 そして65歳になると、遺族厚生年金と老齢基礎年金が併せて支給されるようになります。しかしここで大きな問題が出てきます。65歳になって支給停止が解除された老齢基礎年金は、減額されたままの額が支給されるのです。

 減額するのを覚悟で繰上げたが、遺族厚生年金がもらえるようになってこちらを選んだら、結局老齢基礎年金は停止されてしまった。それならまだしも、65歳まで支給停止されもらっていなかったにもかかわらず、65歳からもらえる老齢基礎年金額は減額されたまま・・・・・・。

 ・・・この点は、万が一遺族厚生年金を65歳前にもらえるようになった時の大きなデメリットでしょう。

 確かに、65歳前に遺族厚生年金の受給権者になることは誰にも起こることではないでしょうが、その点はしっかり繰上げ請求する前に考慮しておくべきでしょう。

その4:繰上げ請求した後は国民年金に任意加入できない

 老齢基礎年金を繰上げ請求するともはや国民年金への任意加入は出来ません。

 「国民年金へ任意加入する」とは、60歳以降もう一度国民年金の被保険者になって保険料を支払う、ということを意味します。

 なぜそのようなことをするかって?それは(1)老齢基礎年金のもらえる額を増やすため・(2)老齢基礎年金のもらえる資格をえるため、の2点のためであります。

 繰上げ請求をする方は、老齢基礎年金をもらえる資格は持っているので(2)は関係ありません。しかし(1)は関係あります。

 ・・・・つまり、繰上げ請求をした人は、その後国民年金に任意加入して保険料を支払い、もらえる年金額を増やすことが出来なくなってしまうのです。

 繰上げ請求をした後、経済的に安定した等の理由で年金額を増やしたいと思っても、もはやその道を採ることは出来ません。

 デメリットの1・2・3に比べ、あまり目立たないデメリットであります。

その5:繰上げ請求した後は寡婦年金をもらえなくなる

 老齢基礎年金の繰上げをした後では、寡婦年金は支給されません。

 寡婦年金の失権事由(もらう権利がなくなる理由)に、「繰上げ支給の老齢基礎年金の受給権を取得した時」という事由があるからです。

 寡婦年金は、国民年金の第1号被保険者として25年以上働いていた夫がある場合に、その妻に支給されるものです。

 該当しそうな奥さんは、このデメリットをしっかり検討した方がいいでしょう。

 寡婦年金についての詳しい内容は、◇寡婦年金とはどのような年金か?を参照にしてみてください。

このカテゴリーの記事一覧