トップページ八卦掌水式塾~対多人数遊撃戦八卦掌の継承を目指して>八卦掌水式塾オンライン講座

八卦掌水式塾オンライン講座

 2021年8月23日より、オンライン講座が開講します。

 コロナ禍が加速する状況であっても、皆様に「大切な人を守るための術を伝えたい」という思いから、開講を決意しました。

 オンラインのメリットを活かし、皆様にはリラックスした雰囲気で当門のオンライン講座を受けていただくことを願っております。

八卦掌水式塾オンライン講座とは

 当門サイトで掲載されているたくさんの動画について、「もっと深く学んでみたいけど、コロナが怖くて・・・」「直接指導を受けてみたいけど、家が遠いから愛知県まではいけない」と考える皆さんに向けて、オンライン講座を開講致します。

 気軽に受けていただくため、当門でいくつかのコースを設定します。本格的に八卦掌を習ってみたい方も、走圏だけならってみたい、もしくは老八掌だけ習ってみたい、八卦双短棒を習って護身に活かしたい、そう考える皆さんに、いくつかのカリキュラムを設定しました。

 入会金や年会費もありません。オンライン授業については、一枠(60分)を2,640円(税込)で提供。受講と受講の間に間隔が空いてしまうなどの事情がある場合は、必要に応じて、次の教程にまで皆さんが自分で撮影した動画を見せてもらい添削指導することでサポートします。オンライン授業枠から一枠を取ってもらい、次の教程の内容をオンラインで直接指導します。

 オンライン授業を受けてから次のオンライン授業を受けるまでの間に、動画による添削指導を受けたとしても、別途費用がかかることはありません。

 本来であれば、このようなサポートもオンラインで行いたいのですが、対面授業や出張講習、週末の遠隔地出張講習会のため、オンライン枠をたくさん確保することができません。あらかじめ御了承ください。

 オンライン枠の確認と予約は こちら から

こんな人たちに受けてもらいたい

 八卦掌水式塾では、こんな人たちに中国拳法を学ぶ機会を提供したいと思い、オンライン講座を開講しました。

  • 愛知県まで習いに行く時間もお金もない
  • 八卦掌を習ってみたいけど、一度試しに習ってみたい
  • 対面授業だと、ケガしそうで怖い
  • コロナ感染が心配なので、自宅で習いたい
  • オンラインで、自分のペースで中国拳法を習ってみたい
  • オンラインだけど、中国拳法の本格的な指導を受けてみたい

 理由や置かれた環境は皆違います。しかしオンライン教室を気軽に受けることができる環境を提供することは、皆さんの学びたい気持ちに貢献できるものと考えています。

 オンラインで皆さんにお会いできることを心から楽しみにしております。

オンライン講座のコース紹介(2021年8月20日現在)

 2021年8月20日現在のオンライン講座の各コースです。順次魅力的な内容を増やしていきますので、お楽しみに!

(1)自由選択1回コース(オンライン授業1回)

カリキュラム

 各人の希望に沿った内容を指導します。全1回。

※1時間という限られた時間のため、定式八掌を希望の場合は一コマ2掌まで。老八掌を希望の場合は一コマ1掌までの希望でお願いします。お申込みの際希望する内容を「連絡事項」にお書きください。

コース代金

 2,640円(税込み)

(2)自由選択2回コース(オンライン授業2回)

カリキュラム

 各人の希望に沿った内容を指導します。全2回。1回目に新しいことを学び、2回目で前回の復習をします。しっかりと学習したい方におすすめ。

※1時間という限られた時間のため、定式八掌を希望の場合は一コマ2掌まで。老八掌を希望の場合は一コマ1掌までの希望でお願いします。お申込みの際希望する内容を「連絡事項」にお書きください。

コース代金

 5,280円(税込み)

(3)八卦掌基礎講座・走圏コース(オンライン授業3回)※コース内容が若干変わることもあります。

指導内容

第1回目:中盤走圏

第2回目:上盤高速走圏

第3回目:中盤・上盤走圏の動作チェック・八の字走圏の取り組み方

コース代金

 7,920円(税込み)

(4)八卦掌基礎講座・定式八掌コース(オンライン授業5回)※コース内容が若干変わることもあります。

カリキュラム

第1回目:下搨掌・托天掌・回身式・梁派開門式・梁派収勢式

第2回目:推磨掌・推磨掌回身式三穿掌

第3回目:仙人観棋掌・叉子掌・指天画地掌

第4回目:陰陽魚掌・白猿献果掌

第5回目:全姿勢の最終チェック

コース代金

 13,200円(税込み)

(5)八卦掌基礎講座・老八掌コース(オンライン授業10回)※コース内容が若干変わることもあります。

カリキュラム

第1回目:単換掌・単換掌用法・梁派開門式・梁派収勢式

第2回目:前回の復習・双換掌・双換掌用法

第3回目:背身掌・背身掌用法

第4回目:劈手掌・劈手掌用法

第5回目:順勢掌・順勢掌用法

第6回目:順歩掌・順歩掌用法

第7回目:下搨掌・下搨掌用法

第8回目:三穿掌・三穿掌用法

第9回目:単換掌・双換掌・背身掌・劈手掌の動作チェック

第10回目:順勢掌・順歩掌・下搨掌・三穿掌の動作チェック

コース代金

 26,400円(税込み)

指導者・水野義人と八卦掌水式塾の紹介

代表自己紹介

八卦掌水式塾代表・水野の写真
西松師より受けた太極剣と共に

八卦掌水式塾・代表・水野義人(活動名:水野式人)。梁振蒲伝八卦掌第6代伝人。

学生時代、同級生へのいじめと暴力がきっかけで、大切な人を守りたいという思いから武術を志す。1988年、地元書店にて佐藤金兵衛師範著の「中国拳法 八卦掌」と巡り会い、映画「武林志」を観た経験もあいまって、八卦掌の修行を自分一人で始める。その後、地方の小教室にて、十路弾腿・形意拳・太極拳などの中国拳法を学ぶ。

大学の時、中国拳法の練習と並行して地元愛知の柔道教室で柔道の練習にも力を入れる。卒業後しばらくは資格試験の勉強のため、勉学と拳法の練習という2足のわらじを履く状態であったが、33歳の時、梁派八卦掌馬伝旭師爺門に入門。家庭の事情による中断を経るも、現在に至る。

 2019年、指導者として活動することを許していただけたことを受け、地元愛知県で「八卦掌水式塾」を設立、後進の指導にあたる。

八卦掌水式塾沿革

2018年4月 婦人部のカンフー教室を指導する。

2019年6月 婦人部での指導活動は終了するも、その中の生徒が数人引き続き指導を受ける。

2019年11月 師より本格的な指導活動の勧めを受け、地元愛知県にて、婦人部出身の生徒数名と、会社員時代から共に練習してきたテコンドー出身の生徒とともに、「八卦掌水式塾」を立ち上げる。

2020年1月 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、流行下での活動内容の変更を強いられる。しかし、生徒の感染リスクを考慮し、愛知県で緊急事態宣言が発令されたことをきっかけに、塾の活動を、10月まで休止することを決定する。

2020年11月 活動を再開するも、年末年始のコロナ感染第2波の影響を受け、再度2021年2月から4月まで活動を休止。

2021年5月 生徒の強い希望もあり、屋外練習限定、接触練習中止の条件のもと、指導活動を再開。

使用ツールと事前準備

・Zoomを使用。事前にインストールお願いします。

・必要に応じて、動画添削指導もしますので、事前にYoutubeの個人チャンネルをご用意ください。

予約方法

 オンライン枠の確認と予約は こちら の予約専用ページからお取りください。

料金の支払い方

 予約が取れましたら受講日の前日までに、以下の口座に受講代金をお支払いください。※振込手数料は受講者様でご負担ください。

  • 銀行名:三菱UFJ銀行
  • 支店名:知立(ちりゅう)支店(店番号・412)
  • 預金種別:普通口座
  • 口座番号:1213489
  • 口座名義人:ミズノ ヨシト

オンライン講座への参加方法

予約が完了すると、予約者宛てに「予約通知メール」と「オンライン参加情報のお知らせメール」が送信されます。

.

※「予約通知メール」の場合はただちに、「オンライン参加情報のお知らせメール」は、しばらくたってから(予約完了から20分~1時間くらい)にお手元に届きます。

オンライン講座に参加するには、【「○○○〇様の予約が確定しました」メール】または【「八卦掌水式塾オンライン講座のオンライン参加情報をお知らせします」メール】から行います。

【「○○○〇様の予約が確定しました」メール】からの参加方法

 メール本文にある 「■予約確認及びキャンセル」URL から予約確認ページを表示し、参加することができます。

参加方法を説明する画像

【「八卦掌水式塾オンライン講座のオンライン参加情報をお知らせします」メール】からの参加方法

【「八卦掌水式塾オンライン講座のオンライン参加情報をお知らせします」メール】本文中の「参加URL」を選択し、「Zoomミーティングページ」に遷移します。
参加方法を説明する画像

お問い合わせフォーム

お問い合わせは こちら のフォームからお願いします。

免責事項

 弊サイトは、利用者がサイト内に掲載された情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。

 サイト内における理論解釈等の説明は、管理人が学習過程における研鑽によって得たものからなされるものであり、その内容は他の流派の理論等を否定するものではありません。

 現在国内外において、多くの流派の高名で技術の高い伝承者の先生方が御指導を展開されておられます。あくまで当サイトの内容は、一つの考え方として利用していただけたら幸いです。